マグミクス | manga * anime * game

『こち亀』両さん少年時代の「神回」3選 小さな約束も絶対に守る!

「週刊少年ジャンプ」(集英社)の人気作『こち亀』こと『こちら葛飾区亀有公園前派出所』。同作といえば、涙なしでは見られない感動回が多いことでも知られています。記事では、主人公・両さんの少年時代にまつわる「神回」と評判高い物語を3つピックアップ。印象的なシーンとあわせて紹介します。

プロ野球選手との、男同士の約束

神回のひとつに数えられる「おばけ煙突が消えた日」が収録される 著:秋本治『こちら葛飾区亀有公園前派出所』第59巻(集英社)
神回のひとつに数えられる「おばけ煙突が消えた日」が収録される 著:秋本治『こちら葛飾区亀有公園前派出所』第59巻(集英社)

 秋本治さん原作の国民的作品『こちら葛飾区亀有公園前派出所』。2016年に連載は惜しまれつつも終了してしまいましたが、2021年には新刊コミックス第201巻が発売されたことで再び注目を集めました。

 通称『こち亀』の愛称で知られている同作には、涙なしでは見られない感動回が数多く存在します。この記事では「両さん」こと両津勘吉(りょうつ・かんきち)の少年時代が描かれた感動的な「神回」をアニメ版から3つピックアップ。感動的なシーンとあわせて紹介します。

●「光の球場」

 まずはアニメ第171話「光の球場」。昭和37年から47年までの10年間、荒川区南千住にあった野球場「東京スタジアム」を舞台にしたエピソードです。アメリカ・メジャーリーグのキャンドルスティックという照明は、ビルなどの少ない下町のなかで非常に明るく、まさに「光の球場」でした。

 現代で両さんは車にひかれて骨折。実は、近所のこども達の親らが出場するPTA対抗の草野球大会に両さんも出るはずでしたが、骨折したことで困難に。それでも「男が一度約束したことだ」と出場しようとします。「わしはクソ生意気なガキとの約束を守るため、全身骨折でホームランを打った男を知っている!」と少年時代の思い出を話しだします。

 少年時代の両さんは、東京スタジアムを本拠地としている大毎オリオンズのファン。試合があるたびに球場を訪れ、先頭に立って応援の音頭をとっていました。そして、球場に通っていた理由はもうひとつ。美人ウグイス嬢の栗原やよいさんに会うためでした。

 ところが、やよいさんは大毎の主力・日向選手と結婚するため、今シーズン限りでウグイス嬢を辞めることに。ショックを受けた両さんは球場に行かなくなってしまいました。すると両さんのもとへ日向選手が突如来訪。また球場へ来て、やよいさんに元気な姿を見せて欲しいと伝えるのです。「2週間後、今シーズン最後の試合が行われる。その試合でホームランを打ってみせる」と約束をしました。

 しかし、日向選手はトラックに跳ねられて全身打撲。全治2か月の重傷を負ってしまいます。それでも病院を抜け出して今シーズン最後の試合が行われる東京スタジアムへ。両さんも球場へ駆けつけて日向を応援。見事ホームランを打つのです。推定飛距離200メートル超えの特大ホームランは伝説に。両さんは、命がけで約束を守った日向選手とやよいさんの結婚を祝福するのでした。

 大人になった両さんが、どんな小さな約束でも守ろうとするのは日向選手の影響があるようです。

【画像】『こち亀』両さんの少年時代の感動回が収録されるコミックス!(4枚)

画像ギャラリー

1 2