マグミクス | manga * anime * game

10代の「筋肉がすごい」キャラ3選 えげつないほどバキバキ!

鍛え上げられた筋肉って素敵ですよね。きれいな筋肉をつけたいと、考えたことはありませんか? まだ10代なのに、筋肉がムキムキなキャラを3人ご紹介します。

筋肉がすごい、10代のキャラたち

 筋肉をつけたいと思った経験、一度はありませんか。筋肉は自身の努力の結晶です。頑張ればその分、筋肉が思いに答えてくれます。「えっ、ほんとに10代!?」と、思わず目を疑いたくなるほど、まだ若いのにバキバキの筋肉がかっこいいキャラを3人ご紹介します。

●東堂葵『呪術廻戦』

著:芥見下々『呪術廻戦』第5巻(集英社)
著:芥見下々『呪術廻戦』第5巻(集英社)

 パッと見は、脳筋の体力バカに見えるかもしれませんが、実は真逆の理知的で思慮深い人間性の持ち主です。実際に虎杖悠仁の戦い方を的確に分析して、より強くなるためのアドバイスをしています。ほかにも、高身長アイドル・高田ちゃんの熱狂的なファンという、オタクな一面もあります。

 18歳とは思えないほどの体格で、まるでゴリラのような筋肉のパンパン具合と、身体の厚みがたまりません。戦闘シーンは、なぜか毎回上裸なので、ムチムチな筋肉とかっこいいバトルの両方が楽しめます。

●範馬刃牙『グラップラー刃牙』

著:板垣恵介『グラップラー刃牙』第42巻(秋田書店)
著:板垣恵介『グラップラー刃牙』第42巻(秋田書店)

 幼い頃から両親によって格闘技の英才教育を受け、あらゆる格闘技を体得していきます。中学生時代に父に挑んで敗れ、喰われそうになったところを母が身を挺して守ってくれますが、それによって、母は命を落とします。母の復讐のために、父・範馬勇次郎を超えることを目指し、世界を巻き込んだ大きすぎる親子ゲンカが始まります。

「刃牙」シリーズに登場するほかのキャラに比べると圧倒的にスマートな体をしている刃牙。子犬のような童顔とは、かけ離れた雄々しい肉体を持つ正反対のギャップを持つ人物です。首が隠れてしまうほどの僧帽筋と、ボールのように盛り上がった三角筋がたまりません。

●剛田猛男『俺物語!!』

原作:河原和音、マンガ:アルコ『俺物語!!』第1巻(集英社)
原作:河原和音、マンガ:アルコ『俺物語!!』第1巻(集英社)

 実写映画化され、主演の鈴木亮平さんが役作りのために30kg増量したことでも話題になった作品です。少女マンガのキャラとは思えないほどの、雄々しさがあってある高校生・剛田猛男(ごうだ・たけお)。見た目のインパクトは、力士のような大きな身体に角刈り、太眉というトリプルパンチです。

 見事に割れたシックスパックに、丸太のように太い腕と足。筋肉がぎゅっと詰まっているのが、マンガから伝わってきます。どこまでも真っ直ぐな性格に、困っている人を反射的に助けてしまうほどの優しさを持っている青年です。一見怖そうな見た目とは裏腹な、素直で優しい性格に、癒やされること、間違いなしです。

(マグミクス編集部)

【画像】服からのぞく、筋肉がたまらない! 実は筋肉がすごい10代キャラ(6枚)

画像ギャラリー