マグミクス | manga * anime * game

『セーラームーン』の人気「敵キャラ」 死亡シーンに号泣!

アニメの放送開始からもうすぐ30周年を迎える「美少女戦士セーラームーン」シリーズ。月野うさぎや水野亜美といったセーラー戦士たちの活躍が描かれていますが、ファンの間では「敵キャラ」も非常に人気を集めています。同作の物語には欠かせない「魅力的な敵キャラ」を紹介します。

ネフライトの行動がカッコいい!

日本中の少女たちを夢中にさせた美少女アクション『美少女戦士セーラームーン Vol.1』DVD(東映ビデオ)
日本中の少女たちを夢中にさせた美少女アクション『美少女戦士セーラームーン Vol.1』DVD(東映ビデオ)

 人気アニメ「美少女戦士セーラームーン」シリーズは、1992年3月の放送開始からもうすぐ30周年を迎えます。同作は月野うさぎ、水野亜美といったセーラー戦士たちだけでなく、「敵キャラ」もとても魅力的です。ファンから高い人気を誇るキャラも少なくないようです。

 例えば敵組織「ダーク・キングダム」の四天王・ネフライトは、体を張って好きな人を守ったカッコいいキャラクター。はじめは「銀水晶」を狙ってうさぎの親友・大阪なるに近づくものの、ネフライトは次第に彼女への想いを募らせていきます。

 そして『美少女戦士セーラームーン』第24話では、妖魔の攻撃から大阪なるを庇ったために負傷。致命傷を負ったネフライトは「君(なる)と会えてよかった」と最期に言い残し、息を引き取りました。彼の死亡シーンが描かれたことで、号泣する人が続出。ネット上では、「敵とか関係なく、ひとりの男として惚れた」「最期までなるちゃんを想うネフライト様が素敵すぎる」などのコメントが寄せられていました。

 また『美少女戦士セーラームーンR』に登場する「ブラック・ムーン一族」の王子プリンス・デマンドも、ネフライトと同じく「愛する者を必死に守った敵キャラ」です。彼の場合、ワイズマンの攻撃からセーラームーン(月野うさぎ)を庇って命を落としています。容姿端麗なビジュアルはもちろん、うさぎを一途に想う姿にときめいた人も多いのではないでしょうか。

 ほかにも「魅力的な敵キャラ」として、「『セーラームーンSuperS』に出てくるフィッシュ・アイは、仲間想いの『男の娘』で大好き。しゃべり方も見た目もすごく惹かれる」「個人的には『セーラームーンR』のエイルとアンが一番魅力的。純粋でちょっぴり抜けてるところが憎めないんだよね」などの声が見られます。

(マグミクス編集部)

【画像】魅力的な敵キャラが登場する「セーラームーン」シリーズ

画像ギャラリー