マグミクス | manga * anime * game

40代コロコロ中年、ホットショットで「併せ走行」をワイワイ楽しむ! 大人のRCカーライフ(18)

2021年秋にホットショットのリアパーツが破損して以来、交換パーツが手に入らない状態が続いています。へこんでいる筆者を見かねた新北総サーキットのオーナーさんが、3Dプリンターでパーツを自作してくれることになりましたが、すぐに壊れてしまいなかなか上手くいきません。しかしついに、実用に耐えるパーツができたと連絡があり……?

100週走っても壊れないパーツが完成

復活した筆者の「ホットショット」(左)と、併せ走行をともに楽しんだマシンたち。右は筆者のセカンドマシン「グラスホッパー」
復活した筆者の「ホットショット」(左)と、併せ走行をともに楽しんだマシンたち。右は筆者のセカンドマシン「グラスホッパー」

 40代になって再び手に入れたタミヤのRCカーを楽しんでいた筆者でしたが、愛機「ホットショット」のリアパーツが破損し、交換パーツも入手困難な状況が続いていました。そこで、筆者がお世話になっている新北総サーキットのオーナーさんが3Dプリンタでパーツを作ってくれることになりましたが、装着してもすぐに壊れてしまい苦戦が続いていました。

「新しいパーツで20周できたよ!」

と、新北総サーキットのオーナーさんから連絡をいただき、すぐにでもコースに飛んでいこうと思った筆者でしたが、社会人はそう簡単には動けません。頑張ってスケジュールを調整しようとしたものの、この冬は雨や雪が多く、せっかく予定を空けてもコースが開いていないなど、思うようにいかない状態が続きます。

 結局コースを訪れたのは連絡をいただいてから3週間ほど経過してからとなりました。オーナーさんによると、すでに100周ほど走らせてもパーツは壊れていないそうです。早速バッテリーを充電し、走行に入ります。

……本当に壊れない! 

 以前作っていただいたパーツはジャンプ一発で壊れてしまいましたが、今回のパーツはかなり激しいジャンプをしても壊れません。ほぼ半年ぶりに、ホットショットでの走行を思い切り楽しみます。ホットショットが使えない間もグラスホッパーで走っていたためカンも鈍っておらず、ガンガン走らせたのですが、以前のマシンとは走るときの感触が違うことにすぐ気付きました。

 なんというか、コースにベタッと張りつくような感覚があり、ジャンプから着地した時もあまり跳ねなくなっていたのです。

 オーナーさんに聞いたところ、預かってもらっている間に色々と問題がある部分を修正してくれていました。前後のオイルダンパーのバネが上手くはまっていなかったのできちんとはめ直したり、金属製の部品のなかにも割れたものがあったので交換してくれたりと、至れり尽くせりです。

 いや、壊れたパーツはともかく、ダンパーのバネはそもそも筆者の腕が未熟なのがいけないんですけどね。初心者が組むと基本的な部分を見過ごしがち……という典型的な例でした。

 マシンの各部をチェックしながらしばらく走らせていたところ、オーナーさんから、他のお客さんを含めた3人で「併せ走行」をやらないかと提案が。人様のマシンにぶつけて壊さないか少々不安ではありましたが、いつかは通らなければいけない道と覚悟を決めて、やらせていただくことになりました。はてさてどうなることやら……。

【画像】楽しすぎるRCカーの「併せ走行」 いい大人がワイワイギャーギャー…(4枚)

画像ギャラリー

1 2