マグミクス | manga * anime * game

ジャンプ黄金期っていつ? 「多くの人の人生を変えた」歴代看板作品

「週刊少年ジャンプ」の話をしていると「黄金期」という言葉を耳にしますが……実際、どのようにラインナップが推移してきたのでしょうか? 歴代看板作品を振り返りながら、「ジャンプ」の歴史をご紹介します。

歴代看板作品で紐解く「週刊少年ジャンプ」の歴史

「週刊少年ジャンプ」2022年13号(集英社)
「週刊少年ジャンプ」2022年13号(集英社)

『ドラゴンボール』『ONE PIECE』『鬼滅の刃』……国民的マンガ作品を数々送り出してきた「週刊少年ジャンプ」。その歴史を語るうえで、たびたび耳にするのが「ジャンプ黄金期」という言葉です。漠然とイメージは浮かびますが、実際のところ、これまで「ジャンプ」のラインナップはどのように推移してきたのでしょうか?

 この記事では、年代ごとの看板作品とともに、「週刊少年ジャンプ」の歴史をご紹介します。どの時期が一番熱中した連載陣だったのか、振り返ってみてください。

●創刊〜70年代 実はあの作品も「ジャンプ」で連載

「週刊少年ジャンプ」の創刊は1968年。創刊間もない「ジャンプ」を引っ張ったのは、『ハレンチ学園』『男一匹ガキ大将』の2作品。このヒットにより、1971年には発行部数100万部を突破することとなりました。

70年代には、今の若者世代も名前は聞いたことがあるハズの『ど根性ガエル』、『マジンガーZ』がスタート。これらの名作も、実は「ジャンプ」で連載されていました。 

●80年代 『北斗の拳』から黄金期がスタート?

 80年代に入ると、メガヒット作の連発で、さらに「ジャンプ」の人気が加速します。大きなインパクトを与えたのは1983年にスタートした『北斗の拳』。それ以前にも『キャプテン翼』『Dr.スランプ』『こち亀』が並び盤石でしたが……『北斗の拳』の人気ぶりはひときわすさまじく、一気に格闘バトルマンガの流れが生まれることになります。そして、70年代から連載していた『キン肉マン』がアニメ化されたのも1983年。「キンケシ」も爆発的な売れ行きを誇り、圧倒的ブームを巻き起こしました。

 そして、翌1984年には、ついに『ドラゴンボール』がスタート。「ジャンプ」の人気はさらにもう1段階ギアを上げ、この年の年末最終号は400万部を突破。その後10年にわたって「ジャンプ」の圧倒的な快進撃が続くことになります。1986年には『聖闘士星矢』もスタートしており、本作は高い女性人気も獲得。週刊“少年”ジャンプが、読者層に大きな広がりを見せることとなりました。

●90年代 3看板でさらに勢いが加速! 歴代最高部数を達成

 90年代前半には『DRAGON BALL(ドラゴンボール)』『SLAM DUNK』『幽☆遊☆白書』の3作品が看板となり、完璧な布陣が完成。これらの作品が人生の支柱になった人も多いのではないでしょうか。1994年には『幽☆遊☆白書』が終了しますが、「ジャンプ」の勢いは止まりません。その年末に発売された「1995年3・4号」では、653万部の歴代最高部数を達成することとなります。

 しかし、1995年には『ドラゴンボール』、1996年には『SLAM DUNK』が連載終了。一般的に「黄金期」と呼ばれることが多いのは、1983年の『北斗の拳』スタートから、この『SLAM DUNK』連載終了の1996年までではないでしょうか。実際、「ジャンプ」の発行部数もここから急降下してしまいます。

 とはいえ、90年代後半の「ジャンプ」が焼け野原だったわけではありません。いまだに高い人気を誇る『るろうに剣心』『HUNTER×HUNTER』が連載されていました。そして新時代の希望となる『ONE PIECE』『NARUTO』もスタートするのです。

【画像】あなたの人生を変えたのは? ジャンプの歴代看板作品(7枚)

画像ギャラリー

1 2