マグミクス | manga * anime * game

最強すぎて退場させられたキャラ4選 「他のキャラいらない」作者も扱いきれず…

マンガには「もうこの人さえいればいいんじゃないか」と思えるような、異常な強すぎキャラがよく登場します。しかしときにはその強さがストーリー展開の邪魔になってしまうことも……。今回は「最強ゆえに退場」させられた不遇のキャラを紹介します。

技を発動すらさせてもらえなかったキャラも…

画像:写真AC
画像:写真AC

 マンガには、チート級な能力・技でいとも簡単に敵を倒してしまう、異常な強さを誇るキャラがよく登場します。圧倒的強さとインパクトで読者の人気を獲得しつつも、強すぎるあまりストーリー展開の邪魔になってしまうことも……。今回は「最強ゆえに退場」させられた不遇のキャラを振り返ります。

※これ以降、まだアニメ化されていないシーンの記載があります。原作マンガを未読の方はご注意ください。

 まずは『HUNTER×HUNTER』のノヴです。彼は空間を自在に操り、攻撃を回避したり敵を即死させたりすることができます。にもかかわらず敵の桁違いのオーラを目の当たりにした際には、「あんな凶暴なオーラ……」「視ただけで精神が折れてしまった……!!」と戦意喪失して退場となりました。ネット上では「ノヴの能力はチートすぎるから豆腐メンタル設定でバランス取ったよな」との声があがる一方で、いまだに「ノヴの能力でメルエム(キメラアントの王)を倒せたんじゃないか説」を唱える声も少なくありません。

 また『ジョジョの奇妙な冒険』で描かれるフーゴのスタンド「パープルヘイズ」は、危なすぎてほぼ出る幕すらありませんでした。殺人ウィルスをばらまく凶悪なスタンド能力でフーゴ自身にも感染し、そのうえ制御不能なとんでもない暴れん坊。結局たった一度のお披露目だけで、ラスボスとの決戦前に強制退場させられました。「フーゴの能力ってどう考えても敵キャラ向き」といった声も多く見られます。

 次は『呪術廻戦』の自他ともに認める「最強呪術師」五条悟です。作中では敵の策にハマり「獄門疆」で封印されてしまったのですが、作劇上、あまりの強さに封印されたのでは…とも考えられます。というのも、作者・芥見下々さんはインタビューで、五条悟について、強すぎるから途中で邪魔になると最初から思っていたと明かしています。ファンの間でも「五条だけドラゴンボールの世界線で生きてる」と、もはや別世界の住人扱い。劇中で羂索は、五条の封印を解くのを「100年後…いや1000年後かな」と語っていますが、果たして最終回までに復活はあるのでしょうか。

 最後に名誉の負傷による退場といえば、『僕のヒーローアカデミア』の通形ミリオでしょう。雄英高校の「ビッグ3」のひとりで、プロも含めて最もNo.1に近い実力といわれていたミリオ。しかし少女を庇い、敵の銃弾に当たって個性(能力)を消失してしまいました。どんなに正義感の強い頼もしいヒーローも、ストーリーの波には抗えないようですね。

(マグミクス編集部)

【画像】最強すぎて退場させられたキャラ

画像ギャラリー