マグミクス | manga * anime * game

「ハサミ」で戦うキャラ3選 紳士な変人が多すぎる!

「武器」と言われると何を一番に思い浮かべるでしょうか? 刀や銃を思い浮かべる、という人は多いのではないでしょうか。少数派ではありますが、ハサミだという人もいるかもしれません。今回は少数派である、ハサミを使って戦うキャラを3人ご紹介します。

ハサミで戦う紳士キャラたち

 マンガやアニメでは、刀や銃を使って戦うキャラが多く登場します。なかには、文房具であるハサミを武器に戦うキャラがいます。ハサミで戦うキャラたちは紳士的だけど変わった人が多いようです。この記事では、ハサミを武器に戦う紳士キャラを3人ご紹介します。

●『ONE PIECE』イナズマ

著:尾田栄一郎『ONE PIECE』第56巻(集英社)
著:尾田栄一郎『ONE PIECE』第56巻(集英社)

 革命軍のひとりで、チョキチョキの実の能力者です。トランプのクラブの形をした頭にサングラスをしています。性別は明確にされていませんが、男性でいることが多いため、イワンコフと出会う前は男性だったのでは、とうわさされています。

 マリンフォード頂上戦争で登場し、能力を使って処刑台までのルフィの道を作った人物で、ルフィの脱獄やエースの奪還に大いに貢献しました。グランドライン軍軍隊長である・イワンコフを「イワさん」と呼んでいて、ぴったりと息の合った動きが互いの信頼関係の厚さを物語っています。衝撃的なことが立て続けに起きたこの戦争で、イナズマやイワンコフの優しさが胸にしみます。

●『終末のワルキューレ』ジャック・ザ・リッパー

原作:梅村真也、マンガ:アジチカ『終末のワルキューレ』第5巻(コアミックス)
原作:梅村真也、マンガ:アジチカ『終末のワルキューレ』第5巻(コアミックス)

 19世紀のイギリスを恐怖に陥れた殺人鬼です。貴族を彷彿とさせる仕草や行動から、優雅な老紳士の印象を受けます。「恐怖」の色に魅了され、生前はその色を見たいがために次々と人を殺していました。

 正確に言うと武器はハサミだけではありませんが、ここではハサミのみを取り上げます。このハサミはナイフがふたつ合わさって製作されており、分解してナイフとしても使用しています。身体能力が高いのはもちろん、相手をあおる能力にも長けており、対戦相手・ヘラクレスを罠にはめていきます。ジャック・ザ・リッパーとヘラクレスという、分かりやすい「悪VS正義」の対決がシンプルで、面白いストーリーです。

●『零崎双識の人間試験』零崎双識

原作:西尾維新、マンガ:シオミヤイルカ『零崎双識の人間試験』第2巻(講談社)
原作:西尾維新、マンガ:シオミヤイルカ『零崎双識の人間試験』第2巻(講談社)

 原作は、西尾維新さんの人気作『人間シリーズ』をコミックス化したものです。零崎双識は殺人鬼の集まり・零崎一賊のリーダー的存在で家族をとても大切にしている人物です。超がつくほどの変態で、制服を見ただけでどの学校か当てられる、残念な特技があります。

 ナイフ2本をネジで止めてハサミの形にした武器で戦います。ロリコンでたびたび変態な一面を見せる零崎双識ですが、敵を圧倒して倒す姿は不覚ながら、少しかっこよく見えてしまいます。頭のネジの外れ具合が秀逸でハマる作品です。

(マグミクス編集部)

【画像】1本のハサミで人生が変わる! 美容師マンガを見る(6枚)

画像ギャラリー