マグミクス | manga * anime * game

『LINE:モンスターファーム』で気になる「生成方法」 ファンの記憶に残る、やりがい要素は?

完全新作『LINE:モンスターファーム』が2022年内にリリースされると発表され、ファンの関心ごとはシリーズの代名詞である「円盤石再生」、モンスターの誕生方法に集まっています。

第1作では友人宅やレンタルショップを訪れて「円盤探し」も

『LINE:モンスターファーム』キービジュアル (C)LINE Corporation (C)コーエーテクモゲームス
『LINE:モンスターファーム』キービジュアル (C)LINE Corporation (C)コーエーテクモゲームス

 音楽CDをPlayStationに読みこませてモンスターを召喚、育成したモンスターとバトルを勝ち抜き、トップブリーダーを目指す……。1997年にテクモ(現在のコーエーテクモゲームス)から発売されて人気を集めた「モンスターファーム(以下、MF)」の最新作、『LINE:モンスターファーム』が2022年内にリリースされると発表されました。

 ギョロ目の「スエゾー」や、桜餅を連想させる「モッチー」など、見た目もユニークな懐かしいモンスターたちが最新グラフィックで蘇ること、10年以上の時を経て完全新作として発表されたことに、歴戦のブリーダーから大きな声援が送られています。

 今回の発表ではゲームの全貌までは明かされませんでしたが、ファンの話題は新しい「モンスター生成方法」に集まっています。発表では「LINEならではの新しい方法」になるとしていますが、最新作タイトルの頭につけられた「LINE:」をヒントに、さまざまな推測がなされているのです。

 伝説的育成シミュレーションゲーム「モンスターファーム」の醍醐味は、モンスターを育成を始める前からすでに始まっています。初代『モンスターファーム』からプレイする熱狂的なファンの間では、お気に入りのモンスターを誕生させるため、PlayStationの横にCDケースの山を積み上げた思い出が語り草となっています。

 CDごとに異なるデータが誕生するモンスターに反映される「円盤石再生」システムは、シリーズの代名詞ともいわれ、画期的なシステムでした。1枚のCDから誕生するモンスターは1種類で、異なったCDから同じ種類のモンスターが誕生しても、覚えている技やパラメーターも個々に違います。

 加えて、『モンスターファーム』には特定のCDでしか登場しない「レア」もたくさん実装されています。お目当てのCDを求め、レンタルショップや友達の家を訪れるところからブリーダーの務めが始まっているといっても過言ではないでしょう。

 そのため、育成するモンスターを吟味するため、積み上げたCDを読み込ませるだけで日が暮れる……といったことも当時のプレイヤーの間では「あるある」でした。モンスターの寿命を考慮した最善の育成プランを立てるほか、育成するモンスターに強いコダワリを持てることも、『モンスターファーム』が人気を集めた一因だったと考えられます。

【画像】懐かしいモンスターにも会える! 最新作『LINE:モンスターファーム』の開発告知(7枚)

画像ギャラリー

1 2 3