マグミクス | manga * anime * game

「有名人がモデルでは?」2次元キャラ4選 ファンの間で「笑った」と話題

マンガを見ていて「どこかで見覚えのあるキャラだな」と思った経験はありませんか? 人気作品には実在の人物をモデルにしたキャラも多いようです。『ONE PIECE(ワンピース)』や『呪術廻戦』などに登場する、有名人が元になっていると思われるキャラを集めました。

よく見ると誰もが知っている有名人にそっくり!?

「死滅回游」平定に向けて事態が動き出す『呪術廻戦』17巻(著:芥見下々/集英社)
「死滅回游」平定に向けて事態が動き出す『呪術廻戦』17巻(著:芥見下々/集英社)

 マンガの登場キャラを作る際、作者によっては実在の人をモデルにすることも多いようです。人気作にも誰もが知る有名な人物を元にしたと思われるキャラがたくさんいます。著名人が元ネタであると推測されているキャラを見ていきます。

 まず「週刊少年ジャンプ」の人気作『ONE PIECE(ワンピース)』には海外の有名人をモデルにしているキャラが多数登場します。例えば麦わらの一味・フランキーのモデルは、コメディー俳優のジム・キャリーではないかとファンの間で言われています。確かに男気あふれる性格ながらコミカルな面を持つフランキーと、ジム・キャリーのイメージはぴったり。ちなみにフランキーは、彼の声優を務めている矢尾一樹さんがモデルという話もありました。

 同じく「ジャンプ」作品の『呪術廻戦』にも、有名人にそっくりな顔が登場。話題となったのは、2022年4月16日発売の本誌第146話に登場した「ケンさん」と呼ばれる人物です。彼の顔は芸人のケンドーコバヤシさんに瓜ふたつで、読者からは「喋り方も関西弁だし絶対にケンコバを意識してる!」「どう見ても知ってる顔で笑った」などの声が続出。作者である芥見下々先生は過去にケンドーコバヤシさんがMCの番組に出ているので、ゲスト出演をきっかけにケンコバ風のキャラを作ったのかもしれません。

 また『魁!! クロマティ高校』ではクイーンのボーカリスト、フレディ・マーキュリー似のキャラが存在します。上半身裸&サスペンダーという見た目はもちろん、特徴的な口ひげは完全にフレディ・マーキュリーをほうふつとさせます。

 他にも「刃牙」シリーズだと、アントニオ猪木さんによく似た猪狩完至など格闘界の有名人風キャラがいっぱい。特に猪狩は顔だけでなくキャッチフレーズも「燃える闘魂」で、元の人物を徹底的にリスペクトしたキャラであることがうかがえます。

(マグミクス編集部)

1 2