マグミクス | manga * anime * game

『ダイの大冒険』アバン先生が離脱していなかったら? 冒険の行く末を考察

『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』には、主人公のダイやポップの師匠として、アバン・デ・ジニュアール3世が登場します。このアバンは、かつて魔王ハドラーを倒した勇者なのですが、復活したハドラーの襲撃を受けて冒険から離脱します。もし、アバンがダイたちと同行していた場合、どんな大冒険になったでしょうか。

いきなり冒険の行先が変わる

アニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』 (C)三条陸、稲田浩司/集英社・ダイの大冒険製作委員会・テレビ東京 (C)SQUARE ENIX CO., LTD.
アニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』 (C)三条陸、稲田浩司/集英社・ダイの大冒険製作委員会・テレビ東京 (C)SQUARE ENIX CO., LTD.

 人気ゲーム『ドラゴンクエスト』をモチーフとしつつ、少年マンガとしての解釈を加えた『DRAGON QUEST-ダイの大冒険-』。1996年の連載終了後も高い人気を持ち、『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』として2020年から二度目のアニメ化が行われて、さらにファンを増やしています。

 名脇役が多いこの作品ですが、そのなかでも特に印象深いのは、先代の勇者で、ダイたちの師匠であるアバンでしょう。

 アバンは復活した魔王ハドラーから、弟子のダイとポップを守るために、命と引き換えに相手に大ダメージを与える呪文「メガンテ」を使い、死んだと思われていました。しかし、新作アニメでは2022年4月16日放送の第73話「炎の中の希望」で復活を遂げます。

 アバンはフローラ姫からもらった「カールのまもり」で、一命を取り留めていたのです。アバンは「(ダイたちに名乗り出て)冒険を共にはできたが、ダイの潜在能力が既に自分を越えており、新たな力を取得しなければ同行する資格がない」として「破邪の洞窟」に挑みました。そのため、ダイたちは物語終盤まで「アバンは亡くなった」と考えていたのです。

 もし、アバンが離脱せず、ダイたちの冒険に同行した場合、物語はどう変化したでしょうか。

 アバンはハドラーと再戦したときに、ダイの7日間修行を3日目まで終えた状態でした。ダイたちに生存を告げたなら、残りの4日間の修行を進めるでしょう。しかし、自身が「マホカトール」で結界を張ったデルムリン島にも、ハドラーは攻めてきました。

 アバンの性格上、自分を狙う魔王軍が、他者に迷惑をかけることは好まないでしょうから、安全な修行場所確保を考えるでしょう。その場合、うってつけなのは、かつての仲間で世捨て人である大魔道士マトリフの居住地です。アバンはマトリフに、復活したハドラーと大魔王バーンの話をして、助力を求めると思います。

 スピンオフ『勇者アバンと獄炎の魔王』では、アバンとマトリフは「天才のお互いを理解できる、大切な仲間」として描かれています。マトリフは煙たがるでしょうが、アバンの頼みは断らないでしょう。そして、危機的状況でふ抜けたことを言う魔法使いポップを見れば、マトリフは「こいつは俺に預けろ」と言い、スパルタ特訓をすると思われます。

 アバンがダイを、マトリフがポップを4日間修行すれば、相当な実力アップが期待できます。ダイは「空」の技を取得し、ポップも「ベタン」「トベルーラ」は取得するでしょう。

 修行を終えたアバンたち。ダイはパプニカ王国のレオナ姫救出をアバンに懇願するでしょうから「ルーラ」で直接パプニカに向かうでしょう。ただし、パプニカ王国に冷遇された過去を持つマトリフは同行しないと考えられます。

 重傷のアバンをマトリフがベホマで回復するのに1日かかるとして、ここまで計5日間。劇中でヒュンケルと戦ったのが26日目ですから、21日早くパプニカに到着します。まだパプニカ王国は滅びておらず、レオナやパプニカ三賢者と合流できるのではないでしょうか。

 王国を攻撃するヒュンケルにアバン、ダイ、ポップ+三賢者で立ち向かうことになります。ヒュンケルはアバンを憎んでおり、問答無用で殺そうとするでしょう。

 ヒュンケルの実力はアバンより上ですが、必死に説得するアバンを殺そうとするヒュンケルに、ダイの怒りが爆発して、竜の紋章が発動するでしょう。完成版アバンストラッシュが使える紋章発動ダイがいれば、ヒュンケルは無力化できます。

 その上で、アバンはバルトスとの戦いの真相を語り「誤解の逆恨みだった」とヒュンケルが罪悪感を募らせるでしょう。そこで、レオナが「アバンの使徒として戦いなさい」と命じて、仲間になると思われます。ただし、アバンの生存が魔王軍に判明します。

 ハドラーはアバン打倒を考えるでしょうが、まだ6日目で、傷が癒えていない可能性もあります(劇中でクロコダインを倒したのが16日目ですので)。アバンたちは、ロモス王国開放のために「ルーラ」でロモスに移動し、旧知のレイラに状況を確認するでしょう。レイラは百獣魔団について語り、娘のマァムを同行させるよう願うのではないでしょうか。

 ここでの魔王軍ですが、クロコダインにはロモス撤退を命じるでしょう。ダイたちにアバンとヒュンケルが加わっては単独では勝てないからです。そして、アバン打倒のために、ハドラー、クロコダインを含む魔王軍はパプニカを攻撃し、レオナを人質として「氷炎結界呪法」でアバンたちの戦力を低下させ、かつザボエラはブラスを人質にするでしょうが、アバンがいるので「マホカトール」で結界は無効化され、ブラスも解放されます。

 クロコダインが人質作戦に苦悩していることをアバンは察し、説得して仲間にすると思われます。フレイザードは「空」の技をアバンとダイが使えるので、問題なく倒せるでしょう。パプニカへの軍団集結時間を考えると、ここまでで11〜12日くらいです(劇中のバルジ島の戦いは33日目です)。

 ここまでは順調な冒険なのですが、この戦いにはバランも参加すると思われます。ハドラーがカール王国出身の勇者アバンを無視して、バランにカール王国攻略を命じても「アバンの首を取れば、カールは降伏する」と同意しないでしょうから。

 この戦いにバラン+竜騎衆が介入した場合、「空」を取得したけど魔法剣は使えないダイと、アバン、ヒュンケル、クロコダイン、ポップ、マァムがいても、勝ち目がありません。マトリフがいれば「メドローア」でバランを倒せる可能性がありますが、レオナの器量を直接見ていませんので、パプニカ王国のためには動かないでしょう。

 アバンは弟子を守るために、二度目の「メガンテ」を使い、今度こそ蘇らなかったと思われます。冒険に同行しなかったのは結果論ですが「正解」かもしれません。

(安藤昌季)

【画像】イケメン!スピンオフで描かれるアバン先生(4枚)

画像ギャラリー