マグミクス | manga * anime * game

『SLAM DUNK』の人気キャラ・流川楓はクールでハンサムなムードメーカ? 魅力を振り返る

ニブイし直情型だし口が悪い。そこにも隠れた魅力があった

通学中の流川が描かれた『SLAM DUNK』新装再編版第2巻(集英社)
通学中の流川が描かれた『SLAM DUNK』新装再編版第2巻(集英社)

●ニブイ!天然!眠い!

 人間、長所もあれば短所もあります。流川は、赤木晴子から想いを寄せられているのに全く気づきません。流川楓ファンクラブの、チアの女の子たちからも黄色い声援を度々浴びますが、それも無視です。基本的にバスケのこと以外には興味がないため、中学からの先輩にあたる彩子からも「図太いを通り越してニブイ」と評されます。

 陵南の田岡監督から陵南への入学を薦められたときも、三井や宮城は「安西先生がいるから湘北に行く」と言ったのに対し、流川は「近いから」という理由で湘北を選びました。このハッキリとした理由に、田岡監督は言い返す言葉もなかったでしょう。悪びれもなくそう言い放った流川楓はスゴイと思う反面、天然すぎますが、そこも魅力です。

 流川が天然だと思わされるもうひとつのエピソードとして、不良時代の三井がバスケ部を潰しにやって来たときの行動も挙げられます。バスケットボールに煙草を押しつけられ、唾を吐かれたことに怒った流川は、三井達にボールを拭けと言います。そして、不良グループのひとり・竜にモップで殴られ、頭から出血させられた流川は全力で彼を殴ってしまったのです。さらに小暮や宮城から止められても、「コイツらが悪い」と言って三井の髪を掴み、足を蹴ってきた不良の腕を掴んで捻り上げてしまいました。

 花道でさえ、廃部や大会への出場停止になる事態は避けなければとグッと我慢をしていたのに、先に手を出す流川。行動は向こう見ずでも、それだけバスケットが好きで、許せないと思ったら何があっても許さない男なんだと思わされます。

 また、バスケの技術は素晴らしいものの、学校の成績はヒドく、桜木、三井、宮城とともに赤点軍団の一員でもありました。授業中に爆睡して怒られても、教師に「何人たりともオレの眠りを妨げる奴は許さん」と言える神経、見習いたいものです。しかし、それでインターハイに出れなくなってはマズいと焦るところにはかわいらしさも感じます。

●流川の口癖と言えば「どあほう」。無口、毒舌だけど、実はムードメーカ?

『SLAM DUNK』の登場人物の大半は口が悪いのですが、流川も例外ではありません。普段無口な上に、いきなり「センスが邪魔なんだよジジイ」などと暴言が飛び出すので、より口が悪い印象になります。

 しかし、言葉数が少ないからこそ、たまにその場の空気を変えるような一言を言ってくれるのも魅力です。桜木花道が初めての公式戦で緊張している時は、彼の背中を蹴り飛ばし「らしくねーんじゃねーのか」と言い、翔陽戦で劣性に立たされた時には単騎で道を切り開き、「全員動きが硬いからパスが出せない」と言って、仲間たちに火をつけました。

 彼の一言によって変な緊張や不安が打ち砕かれた局面は、他にも多々あります。流川楓という男は、実はムードメーカでもあるのです。

 ルックスだけではなく、実力や熱くて努力家な性格まで、流川の魅力は計り知れません。2022年秋はスクリーンのなかで縦横無尽に動く流川の姿を見られると思うだけで、非常に楽しみです。

(弁天寿)

【画像】どこをどう切り取ってもカッコいい流川楓の姿を見る(5枚)

画像ギャラリー

1 2