マグミクス | manga * anime * game

『シン・ウルトラマン』は良質のバディ映画 「スペシウム光線」は決め技ではない?

実写映画『シン・ウルトラマン』の劇場公開が始まり、初日からの3日間で週間興収のトップとなる9.9億円を記録しました。オリジナル版であるTVシリーズのファンに加え、人気アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』のファンも魅了する作品となっています。ネタバレ控えめで、ポジティブさにあふれた『シン・ウルトラマン』の見どころを紹介します。

怪獣や星人たちは使徒っぽいデザインに?

『シン・ウルトラマン』ポスタービジュアル (C)2021「シン・ウルトラマン」製作委員会
『シン・ウルトラマン』ポスタービジュアル (C)2021「シン・ウルトラマン」製作委員会

「そんなに人間が好きになったのか」

 2022年5月13日より、実写映画『シン・ウルトラマン』の劇場公開が始まりました。『シン・ゴジラ』(2016年)を大ヒットさせた、庵野秀明(企画・脚本)&樋口真嗣(監督)コンビによる空想特撮映画です。

 オープニングのタイトルバックから、1966年~67年にTV放映された『ウルトラマン』をオマージュしたものになっています。さらに、『ウルトラQ』のファンも歓喜させるサプライズな序盤です。昭和の特撮ドラマで育った世代はもちろん、庵野監督の人気アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の使徒っぽいデザインになった怪獣や星人たちは、若い世代も魅了しているようです。

 特撮映画としての面白さだけでなく、主人公・神永新二を演じる斎藤工さんと同僚・浅見弘子役の長澤まさみさんとのバディムービーとしても楽しむことができます。公開から3日間で興収9.9億円を記録する、好調なスタートを切っています。幅広い層を動員している『シン・ウルトラマン』の魅力を紹介したいと思います。

カラータイマーのないウルトラマン

 凶暴な巨大生物「禍威獣(カイジュウ)」が日本に次々と出没し、日本政府は「禍特対(カトクタイ)」と呼ばれる専門家チームを発足させます。『シン・ゴジラ』後の日本を舞台にしたような設定ですが、庵野監督の『シン・ゴジラ』に比べ、樋口監督の『シン・ウルトラマン』はアップテンポで進む、ライトタッチな物語となっています。

 禍威獣第7号・ネロンガは変電所を襲いますが、通常兵器では歯が立ちません。田村班長(西島秀俊)率いる「禍特対」もお手上げです。「禍特対」のメンバーである神永新二(斎藤工)が逃げ遅れた子供の救出に向かったところ、「銀色の巨人」ことウルトラマンが現れ、ネロンガを一蹴するのでした。

 胸にカラータイマーのないウルトラマンは、とてもシンプルかつ鮮やかなデザインとなっています。オリジナルのウルトラマンをデザインした成田亨氏は、造型されたウルトラマンにカラータイマーがつけられることを嫌っていたそうです。そんな成田氏が当初イメージしていた、美しい巨人の活躍に目を奪わる前半となっています。

 新たに現れた「銀色の巨人」の分析官として、「禍特対」に新メンバー・浅見弘子(長澤まさみ)が配属されます。ここからドラマパートも、がぜん盛り上がっていきます。

【画像】『シン・ウルトラマン』を観たら…手を伸ばしたくなる作品たち(6枚)

画像ギャラリー

1 2