マグミクス | manga * anime * game

東映特撮の原点!67年放送の三大ヒーロー、歴史の闇に埋もれた悲しき理由

「仮面ライダー」や「戦隊」シリーズなど、日本特撮ヒーローを長年にわたって製作している東映。そのルーツともいえる3つの作品がありました。それは今から55年前にTV放送された特撮番組です。

あまりの金看板がマイナー化の原因に

TBSのウルトラシリーズで唯一、東映が制作したSF宇宙特撮『キャプテンウルトラ』DVD第1巻(東映)
TBSのウルトラシリーズで唯一、東映が制作したSF宇宙特撮『キャプテンウルトラ』DVD第1巻(東映)

「仮面ライダー」シリーズ、「スーパー戦隊」シリーズという二大特撮番組を製作し続けてる日本でも有数のヒーロー製作会社である東映。そのルーツはどこにあるのでしょうか?

 東映がはじめて製作したTV作品は時代劇の『風小僧』(1958年)。初の変身ヒーロー番組は『七色仮面』(1959年)です。ここから東映TV作品は始まったと言えるでしょう。

 その後、いくつかの特撮ヒーロー作品を生み出しますが、大きな分岐点となったのが『悪魔くん』(1966年)です。この作品によって漫画家の水木しげる先生を表舞台に上げ、後にアニメ作品として『ゲゲゲの鬼太郎』を誕生させるきっかけともなりました。この作品を生み出したのが、後に多くの特撮ヒーロー作品を生み出した平山亨さん。その平山さんの初プロデュース作品でした。

 この翌年の1967年、平山さんが生み出した3つの特撮ヒーロー作品。それが現在に続く東映ヒーロー作品の原点だと筆者は思います。それはちょうど今から55年前のことでした。

 当時、子供たちに大人気だった『ウルトラマン』(1966年)。しかし、その丹念な製作方法がアダとなり、高視聴率を維持しながらも製作が放送に間に合わないという時間的な問題から放送終了となってしまいます。次回作『ウルトラセブン』(1967年)の製作は決まっていましたが、どうしても半年の間、番組枠は空いてしまう。そこで半年間、番組枠を維持するため、スポンサーの武田薬品工業とTBSは円谷プロ以外の製作会社に作品を作らせることを決めます。

 この半年だけの番組製作という不利な状況に手を挙げたのが東映でした。東映としては資本提携しているNET(現在のテレビ朝日)以外の局での番組枠獲得が悲願だったからです。こうして『ウルトラマン』に続く『ウルトラシリーズ第3弾』である『宇宙特撮シリーズ キャプテンウルトラ』(1967年)は東映で製作されることになりました。

 この『キャプテンウルトラ』は当時の子供たちにも大人気で、東映はタケダとTBSから高評価を受けます。その功績で後に東映は円谷プロに代わって、この放送枠「タケダアワー」で『妖術武芸帳』(1969年)を製作、続いて『柔道一直線』(1969年)のヒットでスポコンブームをけん引しました。

 しかし、『キャプテンウルトラ』という作品自体は金看板である『ウルトラシリーズ』が逆にアダとなります。後年、『ウルトラシリーズ』が円谷プロ製作だけになったことで、『キャプテンウルトラ』は作品として扱いづらいものになってしまいました。その結果、再放送もあまり行なわれず、歴史の闇に埋もれる形になります。

 こういった事情から、当時の熱を知らない世代からいわれのない誹謗中傷のような評価を受けますが、『キャプテンウルトラ』はまぎれもなく一時代を築いた特撮ヒーロー作品のひとつでした。ちなみに筆者のマイベストヒーローでもあります。

【画像】今見てもカッコいい! 1950・60年代東映特撮ヒーローを見る(5枚)

画像ギャラリー

1 2