マグミクス | manga * anime * game

『帰ってきたウルトラマン』郷秀樹の功績 「カッコいい」だけじゃなかった?

第2期ウルトラシリーズ最初の作品『帰ってきたウルトラマン』の主役・郷秀樹は、演じた団次郎さんの魅力と相まって女性にも大人気でした。その人気からか第2期シリーズの皆勤賞となりますが、作中ではたびたび悲惨な目にあってしまいます。

ハンサムで女子にも高い人気だった郷秀樹

 郷秀樹と「新マン」が描かれる、『帰ってきたウルトラマン』DVD2巻(ピーディディ)
郷秀樹と「新マン」が描かれる、『帰ってきたウルトラマン』DVD2巻(ピーディディ)

 ウルトラマンに変身する人間として、第2期ウルトラシリーズでもっとも多く登場した人物が、郷秀樹です。演じた団次郎(現在は団時朗)さんのハンサムな顔立ちもあって、女性人気も高いキャラクターでした。

 もともと郷は第2期最初の作品となる『帰ってきたウルトラマン』の主人公。物語冒頭、郷は少年と仔犬を救おうとして命を落とします。それを見た新ウルトラマン(現在は「ウルトラマンジャック」という正式名称がありますが、第2期を扱う記事にあわせて、本文中では当時もっともポピュラーだった「新マン」の名称に統一します)は、その行為に感動して一体化することで郷は蘇生しました。

 この郷の行動に注目したのは新マンだけではありません。怪獣攻撃隊であるMATの加藤隊長の目にも留まります。死の淵からよみがえった生命力を見込んだ加藤の勧めで、郷はMATに入隊、以降はウルトラマンとしてだけでなくMAT隊員としても怪獣や侵略者と戦うことになりました。

 しかし、最終回のバット星人とゼットンとの戦いで行方不明となったことで、MATから戦死したと判断されてしまいます。もちろん郷は生きていたのですが、地球と同時にウルトラの星に侵略を開始していたバット星人の侵攻を食い止めるため、故郷のM78星雲へと戻ることになりました。この時、弟のように接してきた坂田次郎に、今後の教訓として「ウルトラ5つの誓い」を残し、旅立っていきます。

 ちなみに、郷秀樹は「ウルトラマンと融合したまま地球を去る」というパターン最初の主人公でもありました。このパターンは意外と少なく、ウルトラマンが人間に化身していた、分離して別々になったというパターンの方が多く見られます。最近多くなった、ウルトラマンとしての力を持ったまま最終回を迎えるパターンに近いかもしれません。

 あくまでも想像の範囲ですが、しばしば郷と「新マン」の意識が同一のものと思える場面が多く見られ、ふたりの意識は徐々に融合していったと考えられます。そのため、郷と新マンは分離不可能になったのかもしれません。そして、一度死んでいる郷を強制的に分離するには、ハヤタのように別に命が必要だったというわけです。

 この郷がふたたび地球の人たちの前に現れたのが、今から半世紀前の1972年6月9日。『ウルトラマンA』第10話「決戦!エース対郷秀樹」でした。もっとも、この時の郷は本物ではなく、ヤプールの手先であるアンチラ星人の化けた偽物です。しかし、このエピソードはシリーズのなかでも特筆するほど重要な話でもありました。それはシリーズで初めて前作との接点が明確になったからです。

【画像】懐かしすぎ!『帰ってきたウルトラマン』で活躍したアイテムたち 「ウルトラランス」も…(7枚)

画像ギャラリー

1 2 3