マグミクス | manga * anime * game

ジャンプの地味だけど凄いキャラたち 冷静に考えたら「最強クラス」な男も

地味ながら「最強説」も浮上するゴレイヌさん

ゴレイヌさんが初登場する『HUNTER×HUNTER』13巻(集英社)
ゴレイヌさんが初登場する『HUNTER×HUNTER』13巻(集英社)

●『HUNTER×HUNTER』ゴレイヌ

『HUNTER×HUNTER』の「グリードアイランド編」で初登場し、ゴンたちと共闘したゴレイヌ。ゴリラのようなキャラクターデザインをしており、「黒い賢人(ブラック・ゴレイヌ)」「白い賢人(ホワイト・ゴレイヌ)」という、2体のゴリラを具現化する念能力を持っています。さらに、「白い賢人とゴレイヌ自身」、あるいは「黒い賢人と相手」の場所を入れ替えることも可能です。

 作中では、そこそこの実力者として描かれており、ある程度の活躍もしていましたが……そこまで印象に残るほどのキャラではありません。しかし、冷静に考えれば、「分身を2体出して、入れ替えも可能」というのはかなり強い能力なのではないでしょうか? 実際、グリードアイランドという共闘必須のゲームに、途中までソロで挑んでいたのですから、相当な強さだと推測できます。作品における扱いとしては間違いなく脇役なのですが、「最強説」も存在するほどです。

 一部のファンの間では「ゴレイヌさん」と呼ばれ、半ばネタキャラのような扱いでニッチな人気も獲得しています。

●『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』アキーム

 アキームは、『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』のベンガーナ王国で戦車隊隊長を務めていたキャラ。登場の割合としては間違いなく脇役で、言われるまで思い出せない人もいるかもしれません。

 しかし、勝ち目がなくても先陣を切るなど武人としての誇りを見せ、クロコダインに「なかなかの武人よ!死なせたくはないっ!!」と認められるなど、地味にカッコいいキャラでもあります。

 さらに、リーダーらしい力強い顔立ちながら、実はアキームは24歳。この若さで、最強の軍事国と言われるベンガーナ王国の戦車隊トップを任されている時点で、相当すごいキャラなはずです。そして戦車隊所属ではありますが、最終決戦の際には剣をふるって魔物たちと戦っており、剣術も達者だと思われます。地味ではあるものの、漢気もあり実力もある……実に良い味を出しているキャラクターです。

 ほかにも、陸上部からの助っ人ながらクリスマスボウルまで泥門デビルバッツの一員として戦い抜いた『アイシールド21』の石丸哲生や、豊玉戦で流れを引き戻すプレーを見せた『SLAM DUNK』のヤスこと安田靖春、『トリコ』の国宝・節乃の弟子で、大量の食材を凍らせて保存し食糧難の危機を救った料理人・ののなど、セリフも出番も多くないながら、要所でしっかり活躍しているジャンプキャラはまだまだいます。このように、後から思い返すと「あの人凄くないか」と感じるキャラも、マンガの魅力のひとつです。

(古永家啓輔)

【画像】地味だけど結構すごいジャンプキャラたち(7枚)

画像ギャラリー

1 2