マグミクス | manga * anime * game

アニメ化、実写化両方で成功したと思うマンガは? 原作愛、キャスティングが大事!

大人気マンガがアニメ化や実写化されることは多々ありますが、全てヒットするかどうかは別問題です。演出やストーリー面のアレンジやキャストによって、原作ファンの間で物議を醸すことも少なくありません。そこで今回は、ネットで話題の「アニメ化・実写化両方で成功を収めたマンガ作品」を紹介します。

『シティーハンター』の実写映画はフランスでも大人気

フランス製の実写版で原作ファンからも大好評だった『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』ビジュアル (C)AXEL FILMS PRODUCTION - BAF PROD - M6 FILMS
フランス製の実写版で原作ファンからも大好評だった『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』ビジュアル (C)AXEL FILMS PRODUCTION – BAF PROD – M6 FILMS

 大人気マンガのアニメ化や実写化が実現した際、原作とは違うテイストで物議を醸すことも少なくありません。しかしなかには、原作はもちろん、アニメ、映画、全てが好評でヒットするケースも。最近ネット上では「アニメ化・実写化で成功したと思う作品」が話題になっています。

 まず、原作ファンの間で「実写映画もアニメも最高に面白かった!」と評価されているのは、「週刊少年ジャンプ」で一世を風靡した『シティーハンター』です。都会の悪を掃除するスイーパー・冴羽リョウを描いた作品で、1987年4月にTVアニメの放送が開始。2019年2月には『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』が公開され、興行収入15億円を突破しています。

 さらにアニメ映画と同じ年に、原作の大ファンと公言するフィリップ・ラショー監督の手でフランスで実写映画化された『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』も公開され、好評を博しました。フランスでの観客動員は168万人を超える大ヒットを記録しており、かなりの成功作として話題になっています。

 また福本伸行先生のギャンブルマンガの金字塔「カイジ」シリーズも、アニメと実写映画で成功を収めた作品です。2007年10月には『逆境無頼カイジ』と題してアニメ版の放送が始まり、視聴者からは「作品本来の良さをみごとに再現している!」と絶賛の声が続出しました。また、実写映画『カイジ 人生逆転ゲーム』も俳優・藤原竜也さんがカイジの「ダメ男っぷり」を見事に演じたことで話題を呼び、2週連続で首位の興行成績を収めています。そして、3作目まで続編が作られる人気シリーズとなりました。

 また、高橋留美子先生の人気アクションラブコメ『らんま1/2』は、TVアニメの放送が計161話、アニメ映画は計3作品公開された人気作です。そして、アニメが成功してから約20年後、2011年12月に「原作を生かしたオリジナルストーリー」として実写ドラマ化されました。ファンタジー要素も多いため、難しい実写化とみられていましたが、天道あかね役に新垣結衣さんを起用したことが特に功を奏したようです。当時ネット上では、「ガッキーがあかねのイメージにピッタリ!」などの声が上がっていました。また、キャラのビジュアルは寄せつつも、オリジナルストーリーで1話完結にするという大胆な作りも、「別モノとして新鮮に楽しめた」と好評だったようです。

 その他、アニメ、実写化両方上手くいったと思う作品として、『のだめカンタービレ』や『ちはやふる』、『ピンポン』、『るろうに剣心』、『銀魂』、『DEATH NOTE』、21年にドラマ、22年にアニメが放送されたばかりの『ハコヅメ~交番女子の逆襲~』などの名前があがっています。

(マグミクス編集部)

【画像】「マンガ・アニメ・実写」全てで成功したと思う作品は?意外とたくさんある!(29枚)

画像ギャラリー