マグミクス | manga * anime * game

高畑勲の記事一覧

  • 『火垂るの墓』意地悪なおばさんは実在しない? でも高畑監督が「原作通り」に描いた理由

    2024.04.16

    ジブリアニメの名作中の名作『火垂るの墓』は、年齢を経て冷静に見直すと、「清太が我慢しておばさんの家にいれば死なずに済んだのでは?」という意見があるのもうなずけます。またアニメ映画化のもとになった原作は、現実離れした部分があると指摘されていました。あえて原作に忠実に描いた高畑監督の意図は、どこにあったのでしょうか。

  • 『パンダコパンダ』を観れば気分は爽快? 多幸感あふれる高畑&宮崎コンビの快作

    2020.06.28

    現在、宮崎駿監督の監督デビュー作『未来少年コナン』が、NHK総合で毎週日曜深夜に放送中です。宮崎監督がまだ監督デビューする前、高畑勲監督とガッチリとタッグを組んで完成させたのが劇場アニメ『パンダコパンダ』と『パンダコパンダ 雨ふりサーカス』です。観れば誰もが元気になる、『パンダコパンダ』二部作の魅力を振り返ります。

  • ジブリへと続いた『母をたずねて三千里』 「母の日」に見たい高畑&宮崎コンビ作品

    2020.05.10

    宮崎駿監督の監督デビュー作『未来少年コナン』が、NHK総合で毎週日曜の深夜に再放送されています。同作に登場するダイス船長やラナにそっくりなキャラは、宮崎監督が場面設定・レイアウトで参加した『母をたずねて三千里』でも重要な役割を担っています。スタジオジブリの冒険ものの原型となった『母をたずねて三千里』を振り返ります。

  • 『なつぞら』の未来であり「ジブリ」の原点。『ホルスの大冒険』を知るとドラマは更に面白い?

    2019.07.20

    アニメ製作会社を舞台としたNHK連続テレビ小説『なつぞら』では、高畑勲監督や宮崎駿監督の若き日を彷彿させる個性的メンバーが、主人公・なつと一緒に新しいアニメづくりに情熱を燃やします。彼らが近い将来制作することになる長編アニメ『太陽の王子 ホルスの大冒険』(1968年)は、スタジオジブリの原点ともいうべき作品。そこに集った才能と作品の魅力を知れば、『なつぞら』がさらに面白くなること間違いなしです。