マグミクス | manga * anime * game

91歳の巨匠わたなべまさこ コロナ禍のなか1人で描き上げた新作が教えてくれること

今あるものを言い訳にしない。大きくシンプルな創作意欲

『中国怪異譚 朱い紐』の連載が始まった、双葉社「JOUR 素敵な主婦たち」2020年月号
『中国怪異譚 朱い紐』の連載が始まった、双葉社「JOUR 素敵な主婦たち」2020年月号

『中国怪異譚 赤い紐』

 男が、妹の結婚を祝うために故郷の村に帰る途中、元は人であったであろう女の亡霊に出くわします。その頃、別の村では首吊りが相次いでおり、そこには必ず蛇にも似た赤い紐が現れるという……。今回のお話は、人間界と怪異が交差する世界。わたなべ先生の他の作品からも読み取れる、恐ろしさの根底にある人間の渦巻く感情が現れており、ただ恐怖を感じるというよりも、切なさすら感じられます。

 先日完結したマンガMeeでの連載作品『秘密ーひめごとー』でもそうでしたが、わたなべ先生の作品は、絶対に共感できないと思ったキャラクターだとしても、読み進めるうちに、そのキャラクターに感情移入し、突拍子もないように見える人間も「理由があってそうなっている」と思わせてくれるのです。

 また、物語を盛り上げる美しい絵や言葉。今回、アシスタントの方を入れずにおひとりで仕上げたとのことですが、マンガはネーム、下絵、ペン入れ、ホワイトにベタにトーン……と、たくさんの技術が集結されています。

 美しい線に、中国柄の凝った服装たち、独自のコマ割り。これら全てが余すことなく、わたなべ先生の、手から! 生まれたのだ!! と、ファン心理、感動は尽きることがありません。

 やりたいことと、現状と。

 私たちは常に今を大事に思い、それと同時に次に進んでみたいと思っています。ただ、今あるものを言い訳に、次に進まないでいることは、今あるものに申し訳ないことでもありますね……。

 今回、わたなべ先生は、本来の締め切りより2週間早く原稿を提出されたそうです。わたなべ先生を見ていると、「もうこんな歳になったから、これこれをやるにはもう遅いか」なんて、口が裂けても言えないと思わせてくれるのです。

(別冊なかむらりょうこ)

【画像】91歳の今も第一線!わたなべまさこ先生 いま注目の作品たち(7枚)

画像ギャラリー

1 2