マグミクス | manga * anime * game

ネットカフェでイッキ読みがおすすめ、マンガ6選 ほぼ必ず置いてある!

特に予定がない休日やちょっと時間が空いたとき、ネットカフェで思いっきり集中してマンガを読むのも楽しい時間です。今回はネットカフェにほぼ必ず置いてあり(※筆者のイメージです)、イッキ読みするのにオススメなマンガを紹介します!

ネットカフェ遭遇率100%のマンガ

ざわざわの始まり、著:福本伸行『賭博黙示録カイジ』第1巻(講談社)
ざわざわの始まり、著:福本伸行『賭博黙示録カイジ』第1巻(講談社)

 昔の名作から旬の作品まで、あらゆるマンガがそろったネットカフェ。特に予定がない休日やちょっと時間が空いたとき、ネットカフェで思いっきり集中してマンガを読むのも楽しい時間です。店舗によって偏りはあるものの、ほぼ必ず置いてあるマンガもあります。そんなネットカフェでイッキ読みするのにオススメなマンガを紹介します!

●『賭博黙示録カイジ』

 まずは、いまや日本を代表するギャンブルマンガ『賭博黙示録カイジ』(著:福本伸行/講談社)です。1996年から連載が始まり、シリーズは今も連載中。自堕落な生活とギャンブルで借金を負った主人公・カイジが、命がけのギャンブルに挑み、ギリギリの戦いを繰り返す物語。閃きの前兆、嫌な胸騒ぎなどを現したあの「ざわざわ」という描写もここから始まりました。筆者のイメージですが、おそらくネットカフェに置いてあるマンガNo.1と言っても過言ではありません。日常とはかけ離れた狂気に満ちたギャンブルの世界、マンガを通して没頭するのは良い刺激になるはずです。

●『闇金ウシジマくん』

 続いては、こちらもネットカフェにほぼ必ず置いてある『闇金ウシジマくん』(著:真鍋昌平/小学館)です。闇金融を経営する主人公・丑嶋(うしじま)と、いろいろな理由で借金を作って没落していく債務者たちを描いた物語。人間が見栄や目先の利益のために、いかに簡単につまずいてしまうかが細かく描かれています。逆教科書として学校でも採用した方がいいのではと思わせるほどです。ダークな気持ちに浸りたいときにイッキ読みするといいかもしれません。

●『GANTZ』

 続いては連載終了後も根強い人気を誇る『GANTZ』(著:奥浩哉/集英社)です。主人公・玄野計(くろの・けい)らが、謎の黒い球「ガンツ」から与えられる「星人を倒すミッション」に挑む物語。「ガンツ」から与えられたスーツにより特別な能力を得る玄野たちの姿はSFヒーローマンガのようなドキドキ感が楽しめると同時に、ねぎ星人やオニ星人などクセの強い強敵たちとの戦いはダーク・ファンタジーの要素も楽しめます。ネットカフェのなかでは、タイトルの『GANTZ』のロゴがとても目立って置いてあります。読んだことのない人はぜひ手に取ってみてください。

忘れかけた記憶を呼び起こす!

劇場版『名探偵コナン 緋色の弾丸』新ビジュアル (C)2020 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
劇場版『名探偵コナン 緋色の弾丸』新ビジュアル (C)2020 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

 ネットカフェでのイッキ読みに適しているのは、何も完結している作品ばかりではありません。ここからは違った理由でのおススメマンガをご紹介します。

●『名探偵コナン』

 まずは劇場版第24弾『名探偵コナン 緋色の弾丸』も絶好調の『名探偵コナン』(著:青山剛昌/小学館)です。1994年から連載が開始され、現在単行本は99巻まで発売されている超ロングセラー作品。27年の時を経て、だんだんと物語のキーとなる人物や黒の組織の全貌が明らかになって来ています。昔読んでいたけどしばらく離れていた方、読み直すなら今です。幸い、単行本のカバーは茶色いレンガ模様でかなり目立つため本棚から見つけることは簡単です。また最初から読んでみると、トリックに使われている道具が固定電話だったり、ラジカセだったりと、ここ30年間の生活技術の進歩の勉強になります。

●『HUNTER×HUNTER』

 続いては『HUNTER×HUNTER』(著:冨樫義博/集英社)です。マンガ好きなら誰もが知っている「すごく面白いが休載が多い」本作。現在ストーリーはどこまで進んでいたか、いまキャラ同士の関係ってどうなっているのか、休載中に忘れてしまった人も多いはずです。そんな時こそネットカフェ! 来たる連載再開に向けてすぐに頭が追いつけるよう復習しておくなら今です。これまでの話に盛り込まれている伏線をおさらいしておくのもいいかもしれません。

●『宇宙兄弟』

 最後は「モーニング」(講談社)で連載中の『宇宙兄弟』(著:小山宙哉/講談社)です。主人公・南波六太(なんば・むった)が弟のあとを追って宇宙飛行士を目指すところから始まる物語。宇宙飛行士になるための試験内容や訓練の様子など、かなりリアルに描かれています。また随所には近未来の技術も絶妙に合わせて描かれているため「この先の宇宙開発はこうなっていくのか」と未来に思いを馳せることができます。筆者としては、これをネットカフェのちょっと薄暗い個室などで読んでいると、自分がコックピットもしくは宇宙空間にいるかのような不思議な気持ちになってくるという点でもオススメです。

 皆さんがついイッキ読みしてしまうマンガは何でしょうか。

(吉原あさお)

【画像】大量の蔵庫から探すなら、チェックしておきたいマンガの表紙

画像ギャラリー