マグミクス | manga * anime * game

【漫画】スーパーでイケメン客の応対をしたロボ 恋と思いきや「接客業あるある」か!?

20XX年、AIの技術が進んだ未来では、ロボットは人間に混じって働くのが常識となっていました。あるスーパーで働く、女性の姿をした接客ロボは、店長に「心が芽生えたかもしれない」と報告。それは芸能人のような男性客がきっかけで……。三月病さんのマンガが意外な展開で大きな反響を呼んでいます。

ロボットに芽生えた「感情」の正体は?

人間とロボットが一緒に働く職場は、うまくいっていたが…(三月病さん提供)
人間とロボットが一緒に働く職場は、うまくいっていたが…(三月病さん提供)

 20XX年、AIの技術がさらに進んだ未来では、ロボットはもはや人間とほぼ見分けがつかず、人間に混じって働くのも新たな常識となっていました。あるスーパーで働く、女性の姿をしたレジ担当の接客ロボは、店長に「心が芽生えたかもしれない」と報告。それは芸能人のような男性客がきっかけで……。

 三月病さん(@3_byou_)による創作マンガ『接客ロボットに感情が芽生える漫画』がTwitterで公開されました。本作は2021年の「ミステリーボニータ」に掲載された読み切り作品。ロボットとは本来感情を持たない機械ですが、そのロボットに感情が芽生えるほどの大きな出来事とは?

イケメン男性客が、接客ロボに思わぬ言動!(三月病さん提供)
イケメン男性客が、接客ロボに思わぬ言動!(三月病さん提供)

「ロボットに感情が」というと「恋」を連想してしまいますが、男性客に対する接客ロボの感情はまた別のものでした。空想の物語ではありますが、「接客業あるある」とも言える内容となっています。ロボットを主人公にすることで、感情の高まりがより激しく感じられますね。

 読者からは「斬新」「新しいタイプの芽生え方」「人の心を使いこなしてる」「これ、現実に起きてる」「こういうクソ客意外に多い」「最高の展開」「面白すぎる」「めっちゃ笑った」などの声があがりました。Twitter投稿は2万リツイート、8万いいねを超える話題作となっています。

 作者の三月病さんは、Twitterで創作マンガを精力的に発表しており、独創的な発想と先が読めないストーリー展開で多くの読者を惹きつけています。マンガを描くことの面白さについて、以前のインタビューで「自分が好きなキャラクターやシチュエーションや言葉遊びや感情や思考を、突然知らない他人にプレゼンして許される」と語っていました。

 現在「少年ジャンプ+」に読み切り作品『ワンチャン・イン・ザ・ヘル』が掲載中。飲み会終わりに大好きな女の子に家に誘われた主人公が驚きの体験をするホラーコメディで、こちらも注目です。

(マグミクス編集部)

【マンガ】芸能人のような素敵な男性客だったが、予想外の言動に接客ロボ「は?」 店長も介入する怒涛の展開に! 本編を読む

画像ギャラリー