マグミクス | manga * anime * game

令和の新作放つ『あさりちゃん』 作者も含め「まるごと愛される」ワケ

タタミとあさりのモデルは「作者本人」?

1997年刊行の『あさりちゃん』54巻に収録されたエピソード「ああ消費税」は、「約20年後の今を予言していたかのようだ!」とTwitterで話題に(画像:小学館)
1997年刊行の『あさりちゃん』54巻に収録されたエピソード「ああ消費税」は、「約20年後の今を予言していたかのようだ!」とTwitterで話題に(画像:小学館)

『あさりちゃん』作者の室山まゆみ先生は、室山眞弓さんと室山眞里子さんの姉妹による漫画家コンビです。『あさりちゃん』を読んで育った方はおそらく、マンガの内容だけでなく、作者ご本人の人物像にも興味を持つことになるのではないでしょうか。

『あさりちゃん』の単行本では第43巻以降、毎巻の書き下ろしページとして「作者のぺえじ」というコミックエッセイページが設けられています。そこでは、作者のおふたりが自身の分身キャラクター「作者ちゃん」として登場し、お便りや投稿イラストの紹介から、ダイエット事情などの近況、お酒に合う一品料理の紹介まで、コミカルに綴ってくれています。

 読者にとって、「作者ちゃん」は『あさりちゃん』の登場人物の一部。本来姿が見えない描き手である作者を、身近で親しみやすいものにしてくれました。

 最初はタタミあさりのモデルであったというおふたりは、個のキャラクターとして『あさりちゃん』の中で活躍しています。「永遠の小学4年生」だったあさりたちとは別に、読者と一緒に歳を取ってくれる「作者ちゃん」を毎巻嬉しく可愛く思うのでした。

『令和のあさりちゃん』 キレキレのコメディが帰ってきた

『あさりちゃん』の連載終了後も、100巻完結の際にチラッとお目見えしていた、小学5年生になったあさりちゃんに出会える『あさりちゃん 5年2組』が2016年に発売されています。

 101冊目の単行本でようやくひとつ進級できたあさりちゃん。タタミは中学1年生になり、その天才性に磨きがかかっています。

 今回公開された『これが令和のあさりちゃん』は、なんと『あさりちゃん』公式サイトで無料公開されております! 劇的に変化した可愛いあさりの登場から、変わらぬ姉妹の掛け合い、そして還暦を迎えた作者ちゃんの姉妹ゲンカへと続き……。

 タタミ&あさりと作者ちゃんの最強姉妹コラボレーション! 気持ちが良すぎるキレキレコメディギャグ路線。ああ、『あさりちゃん』が帰ってきました。

 そして、「浜野あさり」本人によるTwitter(@asarichan927)も2019年8月から始動しております! こちらで『あさりちゃん』の新情報がより手軽に入手できることでしょう……。

 令和の時代にも、浜野家のエネルギッシュさが必要です! 浜野家!作者ちゃん! 大暴れ希望しまーーす!

(別冊なかむらりょうこ)

【漫画】20年後の現在を予言? 『あさりちゃん』話題の消費税エピソード(5枚)

画像ギャラリー

1 2