マグミクス | manga * anime * game

『鬼滅の刃』新聞広告を買い集めるファン 一方で「ネタバレ」の嘆きも…

2020年12月4日(金)、『鬼滅の刃』(著:吾峠呼世晴/集英社)が完結する第23巻が発売。それに合わせ、全国5紙の朝刊に、それぞれ違うキャラクター3人の広告が掲載されました。買い集めるファンが続出する一方で「ネタバレを食らった」という嘆きの声も……。

全国紙の朝刊を飾った『鬼滅の刃』キャラの笑顔の裏に…

「俺は信じる 君たちを信じる」煉獄杏寿郎 (C)吾峠呼世晴/集英社
「俺は信じる 君たちを信じる」煉獄杏寿郎 (C)吾峠呼世晴/集英社

 2020年12月4日(金)、『鬼滅の刃』(著:吾峠呼世晴/集英社)が完結する第23巻が発売。発売前日、翌朝の全国紙朝刊に広告が出ることが明かされました。

 3日には全国紙5紙の夕刊に、黒地に吹き出しのみで、鬼殺隊の当主である産屋敷耀哉のセリフ「永遠というのは人の思いだ 人の想いこそが永遠であり 不滅なんだよ」とともに最終巻発売の広告が掲載されています。

 4日の朝刊では打って変わって、『鬼滅の刃』の主要キャラクター15人の明るい笑顔が大きく描かれています。各紙3人ずつ、5紙にそれぞれ違うキャラクターが掲載されたため、全て集めるためにコンビニなどの取扱店にファンが殺到しました。

”「夜は明ける。思いは不滅。」鬼滅の刃、一億冊突破。”

 吾峠呼世晴先生からのメッセージと上記の共通の文言とともに、各キャラクターのセリフがつづられています。

 ファンからは「感動した」「朝から涙が出てしまった……」という声があがる一方で、まだアニメ化されていないシーンを想起させるセリフもあり、「ネタバレを見てしまった」という嘆きも。例えば、産経新聞には嘴平伊之助と、不死川実弥・不死川玄弥の兄弟が掲載されています。関連性のあるふたりの人物を合わせて掲載するというはからいが各紙に見られたのですが、セリフも合わせるとそれが「ネタバレ」になってしまっているのです。

『鬼滅の刃』第23巻の初版は395万部で、累計発行部数は1億2千万部を突破。未だに書店では品切れが続く超人気作なだけに、原作未読の方にとって不意の「ネタバレ」をされてしまうのは、回避しづらい状況といえます。

(マグミクス編集部)

【画像】新聞広告掲載・心洗われる言葉

画像ギャラリー