マグミクス | manga * anime * game

いつの間にか仲間になってた、ジャンプキャラ3選。「お前敵だったよな?」

敵として登場したキャラが、その後仲間になる……というのは、マンガで王道の展開です。ファンに愛されるジャンプ作品のなかでも、敵から仲間になったキャラクターは数多く登場しますが、なかには簡単に気を許すことのできないキャラもいて……?

仲間になったけれど、ふと振り返ると「極悪」だった

 マンガ作品の王道的展開のひとつに、“もともとは敵だったのに戦いを通して主人公の味方になる”という、いわゆる「味方化」というものがあります。そんな王道展開を取り入れている作品でも、「味方化」したけれど、極悪の限りを尽くした過去を持ち、「何だかモヤモヤする」「簡単に気を許せない」と、緊張感を与えるキャラクターがいます。

 今回は、そんな「お前敵だったよな?」と言いたくなるキャラクター3人を、ジャンプの人気作品からご紹介します。

●『DRAGON BALL』 ベジータ

悟空たち仲間と一緒にベジータが表紙に描かれる、「ドラゴンボール完全版」第34巻(集英社)
悟空たち仲間と一緒にベジータが表紙に描かれる、「ドラゴンボール完全版」第34巻(集英社)

 鳥山明氏の『DRAGON BALL』に登場するベジータは、敵キャラからいつの間にか仲間になっていた、代表的なキャラクターではないでしょうか。戦闘民族サイヤ人の王子として登場したベジータですが、当初はいくつもの星を壊滅させ地球を侵略しにやってきた悪党で、ドラゴンボールを集めて不老不死になって宇宙を支配することを企んでいました。

 しかし、悟空に倒されたことから悟空とライバル関係となり、フリーザとの激闘が繰り広げられるナメック星での戦いでは、いつの間にか悟空たちとともに仲間ポジションで共闘します。

 より強い敵が現れたことで、敵を倒すため仲間になり共闘する……という王道パターンですが、『DRAGON BALL』では他にも、ヤムチャや天津飯、ピッコロらも敵から仲間になっており、「味方化」キャラが多い作品です。

●『BLEACH』 グリムジョー

表紙にグリムジョーが描かれる、『BLEACH』第24巻(集英社)
表紙にグリムジョーが描かれる、『BLEACH』第24巻(集英社)

 続いては久保帯人氏による『BLEACH』に登場する敵組織「十刃」(エスパーダ)のひとり、グリムジョーです。好戦的で乱暴な性格で、障害となる者は全員抹殺すべきという考えを持ち、すぐ相手に襲いかかる野蛮なキャラとして描かれています。

 主人公の一護とは3度にわたって戦いを繰り広げ、凄まじい力で何度も一護を苦しめました。戦いを重ねるなかで一護へのライバル意識をますます高めていったグリムジョーは、アニメ化が決定している最終章「千年血戦篇」では、死神たちの窮地に登場して重要な役割を果たします。敵から味方になったのは、一護との戦いの決着をつけるためでした。

 かつて敵だったグリムジョーが再登場して味方になるというのはファンも興奮する熱い展開でしたが、荒々しい戦闘狂で悪い奴……という性格は変わっていませんでした。

【画像】まだまだいる、「敵から味方になる」ジャンプキャラ。作品によっては多くなるケースも?(7枚)

画像ギャラリー

1 2