マグミクス | manga * anime * game

胸アツ、マンガ界の兄弟愛3選 冷酷な男にも不器用な愛

スノーボードの平野兄弟、ジャンプノーマルヒルの小林兄弟など、近頃は兄弟アスリートの頑張りが目立ちますが、マンガ界にも印象的な兄弟たちがいます。なかでも思わず胸アツな独特の愛を感じさせる兄弟をご紹介します。

冷酷な男にもある兄弟への愛

虹村兄弟のエピソードに泣ける『ジョジョの奇妙な冒険 第4部』カラー版第3巻(著:荒木飛呂彦/集英社)
虹村兄弟のエピソードに泣ける『ジョジョの奇妙な冒険 第4部』カラー版第3巻(著:荒木飛呂彦/集英社)

 スポーツ界ではスノーボードの平野兄弟、ジャンプノーマルヒルの小林兄弟、バスケットボールの八村兄弟などなど、活躍をみせる兄弟選手が目立ちますが、マンガの世界にも存在感のある兄弟たちがいます。

 時には仲間であり、師弟であり、ライバルであり……と、兄弟によって関係はさまざまですが、そこには兄弟だからこその絆が。エピソードが思わず胸を熱くさせる兄弟たちをご紹介します。

●冷酷な兄の不器用な兄弟愛に胸アツ…『ジョジョの奇妙な冒険』の虹村兄弟

『ジョジョの奇妙な冒険』の第4部「ダイヤモンドは砕けない」編で強烈な印象を残した兄弟といえば、序盤に主人公・東方仗助の敵として登場した虹村形兆・億泰兄弟です。

 ふたりは、頭の切れる兄・形兆に、少し考えの足りない弟・億泰が追従する、いわば主従関係のような間柄。億泰は兄から「マヌケ」「バカ」と見下されながらも、兄を慕って行動をともにしています。実はふたりには、モンスター化して不死の身体となった父がおり、その命を解き放つためのスタンド使いを探すという目的があったのです。

 形兆は目的のためなら手段を選ばない冷酷な男。形兆がスタンド「バッド・カンパニー」で仗助を狙ったとき、億泰がうっかりその攻撃の軌道内に入って傷つくと、億泰を無能で足をひっぱってばかりだとののしり、「弟よ おまえは…… そのままくたばって当然と思っているよ!」と言い放つのです。さらに億泰が兄の暴走を止めようとすると、もう弟とは思っていないからちゅうちょなく殺せる、とまで。

 そんな、兄弟の絆も捨てたかに見えた形兆ですが、億泰が電気を操るスタンド「レッド・ホット・チリ・ペッパー」に狙われると、弟をかばって攻撃を受け、命を落としてしまいます。最期の言葉は「億泰…おめ…はよおー いつだっておれの足手まといだったぜ…」。電気にやられたからというワケではありませんが、その不器用な言葉、シビレます。もちろん億泰の心にもしっかりと届いていました。

 ちなみに億泰はこのあと仗助の親友になります。もともと気のいいやつだったようで、敵対していたのがウソのように微笑ましいコンビっぷりを見せてくれました。

【画像】仲が悪そうで愛が深い?兄弟キャラ(4枚)

画像ギャラリー

1 2