マグミクス | manga * anime * game

ニュータイプ専用ガンダム「アレックス」は高性能だけど使いにくい? もしアムロに渡っていたら

アニメ『機動戦士ガンダム0080』の主役モビルスーツである「ガンダムNT-1 アレックス」は、地球連邦軍のニュータイプ・パイロットであるアムロ・レイの搭乗を想定したものの、サイド6での戦闘で中破しています。もし、この高性能機がアムロに渡っていたら、どうなっていたでしょうか。

アレックスはZガンダムより推力が高い

 『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』に登場した、「RX-78NT-1 ガンダムNT-1」。画像は「ROBOT魂 機動戦士ガンダム0080 [SIDE MS]RX-78NT-1 ガンダムNT-1 ver. A.N.I.M.E. 」(BANDAI SPIRITS)
『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』に登場した、「RX-78NT-1 ガンダムNT-1」。画像は「ROBOT魂 機動戦士ガンダム0080 [SIDE MS]RX-78NT-1 ガンダムNT-1 ver. A.N.I.M.E. 」(BANDAI SPIRITS)

 アニメ『機動戦士ガンダム』は、作りこまれた設定と、数多く発表された作品群がお互いを補完する、大河ドラマ的な重厚さを持つ作品です。アニメ『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』に登場した「ガンダムNT-1」通称「アレックス」は、『機動戦士ガンダム』の主人公である、アムロ・レイ向けに調整した「ニュータイプ用ガンダム」として、放映当時、話題を呼びました。

 アレックスは、元になったRX-78-2「ガンダム」と比較して、大幅に性能が向上した機体です。ジェネレーター出力は「ガンダム」の1380kwから、1420kwに、センサー有効範囲は5700mが5900mと、この部分は大差ありませんが、推力において大きな差があります。

 ガンダムの総推力は5万5500kgですが、アレックスは17万4000kgと3倍以上。数字が高い方が機動性で優れる「推力重量比」で見ても、ガンダムが0.925、アレックスが2.4ですから、機動性での優位は明らかです。

 アレックスの推力は、後の新型機である、Zガンダムの11万2600kg(推力重量比1.807)、強化型ZZガンダムの12万4800kg(推力重量比1.743)、νガンダムの9万7800kg(推力重量比1.552)をも上回っています。

 つまり、アレックスはモビルアーマーに近い機動性を持っていると考えられます(ちなみに、モビルアーマーと比較しても、エルメスが推力重量比2.211でアレックスに近いだけで、他の機体は概ね下回ります)。

 他にも全天周囲モニターやマグネット・コーティング、腕部に内蔵式ガトリングガンも採用されており、一年戦争時のモビルスーツとしては破格の高性能です。

 こんな高性能機が、最強のパイロットであるアムロに渡ったとしたら、どうなったでしょうか。筆者は「後付設定も含めてのガンダム」だと考えますので「後付設定の存在」を前提として、どうなったのか考察してみたいと思います。

 時系列としては、アレックスがサイド6に到着したのが0079年12月11日。ホワイトベースがサイド6を出港したのが12月5日ですから、ホワイトベースがサイド6を出港した後、アレックスを取りに行けば、12月10日には引き渡されていたでしょう(あるいは、地球上でのテストを切り上げて、ジャブローに輸送していたら、もっと早かったかも)。

 ホワイトベースは12月24日のソロモン攻略戦まで、大きな戦闘に参加していませんから、ここで引き渡していたら、アレックスの実戦投入は12月24日になったのでしょうか。

『0080』の時系列も確認してみましょう。ジオン軍のサイクロプス隊が、サイド6でアレックス奪取を狙ったのが12月19日ですが、これは失敗して部隊は壊滅し、バーニィがザクII改でアレックスに立ち向かったのが12月24日です。

 つまり「アレックスは13日間サイド6にいた」けど「大きな任務がなく、ソロモン攻略戦への参加に備えていたホワイトベースには届けられていなかった」ことになります。

 この時期、アムロの成長により、ガンダムの性能は限界に達しており、ソロモン攻略後の12月25日ごろにマグネット・コーティングを行って、急場を凌いだくらいですから、アレックスの到着は、切実に必要とされていたはずです。

 つまり「届けてほしいけど、アレックス側が届けられる状態になかった」のではないでしょうか。なお、ソロモン戦から星一号作戦まで、わずか4日間ですが、ガンダムは実績がないマグネット・コーティング改造を終えて実戦参加しています。

 このように宇宙世紀の兵器開発は現実と違い、非常にスピード感がありますから、アレックスが13日間(マンガ版では地球でもテストしていましたから、もっと長いと思われます)かけても「完成」しないのは、機体の側に大きな問題があった可能性が高いです。

【画像】初代ガンダムとどこが違う? 「ガンダムNT-1」を見る(5枚)

画像ギャラリー

1 2