マグミクス | manga * anime * game

地味だった「ニンダイ」に任天堂ファン不安視? 「大発表前の静けさ」という見方も

「Nintendo Direct」が行われるたび、注目されさまざまな話題が盛り上がります。しかし、2月21日に行われたものは、任天堂タイトルの発表が少なく、また今後の予定もやや寂しげ。そのため、不安と期待が入り混じる状況になっています。

「今の任天堂」を不安視する理由とは

「Nintendo Direct ソフトメーカーラインナップ 2024.2.21」は、大きな話題となった一方で、任天堂タイトルが乏しく残念に思った人もいた
「Nintendo Direct ソフトメーカーラインナップ 2024.2.21」は、大きな話題となった一方で、任天堂タイトルが乏しく残念に思った人もいた

 任天堂の公式YouTubeチャンネルに配信される「Nintendo Direct」は、同社が直接情報を届ける配信番組で、ここ数年はNintendo Switch(以下、スイッチ)に展開する最新ゲームや関連する展開などを定期的に披露しています。ファンが待ち望むシリーズの最新作や、驚きの新作が発表される機会も多く、ゲーマーをはじめ多くのユーザーが関心を寄せる番組です。

 2月21日に実施されたNintendo Directでも、さまざまな新情報が寄せられ、関連ワードがX(旧:Twitter)のトレンドを埋め尽くす勢いで飛び交いました。ですが、今回の展開を見て、任天堂を不安視する人も一部にいます。なぜ、不安を感じる人がいるのか。そして、実際に先行きは不安なのでしょうか。

●「Nintendo Direct」好評の裏で湧き上がる、任天堂への不安
 先日実施されたNintendo Directでは、「ゲームボーイアドバンス Nintendo Switch Online」での配信が始まった『MOTHER3』や、『北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ』のリメイク決定など、懐かしい名作たちの復活が報じられます。

 また、『パワフルプロ野球2024-2025』に『真・女神転生V Vengeance』、『ガンダムブレイカー4』に『エンダーマグノリア: ブルームインザミスト』など、人気シリーズの最新作や新展開も続々と発表され、往年のファンから若手のユーザーまで、幅広い層の歓喜へと繋がりました。

 一見すると不安視する材料はないように思いますが、Nintendo Directといえば任天堂タイトルも数多く発表される場です。しかし、通常回と比べるとごくわずかな発表しかなく、その点に不安や不満を抱く人が一定数いました。

 今回のNintendo Directは、あらかじめ「ソフトメーカーラインナップ」を掲げており、他社の発表が大半なのは予告済みでした。そのため、肩透かしという評価はやや乱暴な見方といえます。ですが例年では、この時期に任天堂タイトルの情報が頻繁に出ていたこともあり、期待を高めた人が反動で残念がる様子などがSNSで見て取れます。

●昨年に比べると、動きが乏しめな2024年
 Nintendo Directがソフトメーカーラインナップだったこともあり、任天堂の現状を不安の兆しと捉える見方もあります。

 まず、スイッチがいくら好調とはいえ、単純な性能面で考えればPS5やゲーミングPCと明確な差が生まれていますし、『モンスターハンターワイルズ』や『グランド・セフト・オートVI』のといったビッグタイトルの展開に、スイッチは含まれていません。

「スイッチは任天堂タイトルで支えればいい」と考える人もいますが、任天堂がリリースする主だった今後のタイトルは、『プリンセスピーチ Showtime!』が3月22日に、『フォーエバーブルー ルミナス』が5月2日に発売されるほか、『ルイージマンション2 HD』は今夏、『ペーパーマリオRPG』は年内に登場する予定です。また、『Metroid Prime 4 (仮称)』も控えていますが、こちらは発売時期がまだ決まっていません。

 比較の意味で振り返ってみると、2023年は新作だけでも『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』に『ピクミン4』、『スーパーマリオブラザーズ ワンダー』、『超おどる メイド イン ワリオ』などが相次いぎましたし、『メトロイドプライム リマスタード』や『スーパーマリオRPG』といった名作の復活もありました。

 昨年の活躍が著しかっただけに、同程度の勢いを今年も見せてくれるのかどうか、その先行きはまだ不透明です。

【画像】えっ、欲しい! リメイクしたら絶対に買いたい任天堂タイトル(8枚)

画像ギャラリー

1 2