マグミクス | manga * anime * game

家で空の爽快感が実現できるとは! PS1『エースコンバット』初プレイの感動

1995年6月30日、ナムコよりプレイステーション用ソフト『エースコンバット』が発売されました。3Dフライトシューティングゲームが家庭用ゲーム機用ソフトとして登場した、記念すべきタイトルです。

家庭用ゲーム機初の3Dフライトシューティングゲーム

『エースコンバット PlayStation the Best』(ナムコ)
『エースコンバット PlayStation the Best』(ナムコ)

 1995年6月30日は、ナムコ(現:バンダイナムコエンターテインメント)からプレイステーション用ソフト『ACE COMBAT(エースコンバット)』が発売された日です。3Dフライトシューティングゲームが家庭用として登場した記念すべきタイトルであり、累計223万本を売り上げて初期のプレイステーション陣営において強い存在感を示しました。プレイステーションで『エースコンバット』を見たとき強烈な感動を覚えた経験を持つライターの早川清一朗さんが、当時を回想します。
 
* * *

 1980年代から90年代前半にかけて、アーケードでは『アフターバーナーII』や『G-LOC: AIR BATTLE』などのさまざまなフライトシューティングゲームが登場し、多くのプレイヤーたちを魅了していました。しかしながらこの時代に発売されていた家庭用ゲーム機ではアーケードほどの迫力を表現するのは難しく、スーパーファミコンの『パイロットウイングス』など極めて力の入った意欲作も発売されましたが、それでもアーケードには一歩も二歩も劣る状況だったのです。

 この状況をがらりと変えたのが、2020年で発売25周年を迎える『エースコンバット』です。

 ちょうど、あれはセガサターンとプレイステーションの次世代機のメインストリームを争い激しいつばぜり合いを繰り広げていた時期だったと思います。『リッジレーサー』や『鉄拳』といった強力なソフトも存在していましたが、まだセガサターンが若干優勢だったためか、当初39800円だったプレイステーション本体が、29800円に値下げされると発表されたのです。

 ちょっと無理してプレイステーションを手に入れていた筆者にとって、この値下げは少々ショックな出来事でした。そんな理由でちょっとやる気をなくしていた筆者に、ある日友人が「このゲーム滅茶苦茶すごいからやってみ?」と、押し付けるように貸してくれたのが『エースコンバット』でした。まあ、あいつがお勧めするなら間違いはないだろうとプレイステーションを立ち上げ、プレイを始めてみたところ、家庭用で実現できるとは思えないほどの爽快な空の世界が現れたのです。

【画像】生誕25周年記念イラストを見る

画像ギャラリー

1 2