マグミクス | manga * anime * game

『スラムダンク』安西先生に宿り続ける「鬼」とは? 歳を重ねた指導者としての柔軟さ

『SLAM DUNK』の安西先生と言えば、「白髪仏」と呼ばれてニコニコした姿が有名です。かつて「白髪鬼」と呼ばれたころのイメージはもう過去のものなのでしょうか……?

安西先生の「時間」を動かした、桜木の秘めたる才能

湘北高校バスケ部の監督・安西先生が描かれる、「SLAM DUNK 完全版」第7巻(集英社)
湘北高校バスケ部の監督・安西先生が描かれる、「SLAM DUNK 完全版」第7巻(集英社)

 バスケットボールマンガの金字塔、『SLAM DUNK』の登場人物で思い起こすキャラは人それぞれでしょう。しかし選手以外でとなると、だいたいの人は安西先生を思い出すのではないでしょうか?

 安西先生の人気の高さは一般的にも有名で、2014年に「安西先生タプタプカウンター」なる機械が全国ツアーする予定だったのに、予想以上の人がつめかけてしまったためにツアー途中でタプタプされ過ぎて壊れてしまったという事件がありました。

 筆者も、作品のなかで安西先生は好きなキャラですが、年を重ねた今だからこそ、当時とは違った視点で好きになった部分があります。

 安西先生は本作の中心となる湘北高校バスケ部の監督。おだやかな顔つきと行動から「白髪仏(ホワイトヘアードブッダ)」というあだ名がついています。しかし、かつて有名大学の監督だった時代は「白髪鬼(ホワイトヘアードデビル)」と呼ばれ、厳しい指導方針で有名でした。

 この大学時代に、指導方針の行き違いから才能豊かだった谷沢という選手が大学を飛び出し、アメリカに渡ったものの成長できずに事故死してしまうという悲劇が起こります。谷沢を日本一の選手にしてバスケ界を去ろうと考えていた安西先生は絶望して大学を去ったものの、バスケへの未練を捨てきれず湘北バスケ部の監督になりました。劇中のセリフからは週1回、様子を見に来る程度の指導だったようです。

 そんな安西先生がふたたび本格的な指導をするようになったきっかけ、それが素人ながら才能の塊のような桜木花道の存在にありました。作中では試合中の監督としての采配以外は、桜木の練習しか指導していない印象すら与えるほどの熱の入れ方です。

 才能と言えば流川楓という天才プレイヤーもいるのですが、ほとんど指導している様子は見られません。流川の場合、何も言わなくても才能を伸ばしていく。そう感じたからでしょう。逆に桜木は短期間で教えたことを吸収するから、安西先生としては教えがいがある選手。谷沢で果たせなかった自分の夢を託せる逸材として感じ取ったのかもしれません。

 つまり、桜木の存在が、安西先生の止まっていた時間を動かした。そう言えるでしょう。

 一方の流川も安西先生には一目置いていました。事前にアメリカ留学を告げたこと。それを反対されても安西先生の言葉に従い、これからの指導について頭を下げて頼むなど、普段ぶっきらぼうな流川には珍しい態度です。

 三井寿と宮城リョータは安西先生を慕って湘北に入学したと言われていましたが、流川は近かったという理由で安西先生には言及していません。とすると、半年も経たない時間の中で安西先生の指導力を信頼するに足る何かを見つけたのかもしれません。

 流川が安西先生の指導力に信頼を寄せる理由。それは、素人の桜木が見る見るうちに成長したからかもしれません。そして、同時に桜木だけでなく自分にもっと指導してほしいと感じていたとしたら……? そう考えると、流川の桜木に対する態度は嫉妬半分だったのかもしれません。

【画像】『スラムダンク』永遠の人気者! グッズ化された安西先生(6枚)

画像ギャラリー

1 2