マグミクス | manga * anime * game

もはや「至高のゲーム機」ではなくとも「社会現象」になった日【ファミコン40周年】

2023年はファミリーコンピュータの発売から、ちょうど40周年に当たります。ファミコン初期の時代からブームの沸騰、やがて衰退し、次世代ゲーム機に役目を譲るまで経験した筆者が、当時の思い出を語ります。今回は第1回、「ファミコン」という名称が世間に知れ渡り始めた時期から振り返ります。

画期的だった、小銭を入れなくてもプレイできるビデオゲーム

子供たちにたくさんの楽しさをもたらしてくれたファミリーコンピュータ(マグミクス編集部撮影)
子供たちにたくさんの楽しさをもたらしてくれたファミリーコンピュータ(マグミクス編集部撮影)

 1983年7月15日に発売され、2023年で40周年を迎えるファミコンですが、動画を検索すれば今でもさまざまなゲームが紹介されているなど存在感は健在です。そこからも、当時の子供たちに与えた強烈なインパクトをうかがい知ることができます。ファミコンは、日本国内で1935万台、世界で6191万台を売り上げ、家庭用ゲーム機という文化の浸透に大きな貢献を果たしました。その歴史について、筆者の個人的な記憶に基づき、『スーパーマリオブラザーズ』登場までを振り返ってみようと思います。

 1983年、最初にファミコンを知ったきっかけは、「ファミリーコンピュータ登場!」の声で始まるTVCMでした。とはいえ当初はそれほど気にしていたわけではありません。1980年には「ゲーム&ウオッチ」が登場してキャッチーなCMで一世を風靡(ふうび)していましたし、1981年にはエポック社の「カセットビジョン」が発売されており、カセット交換式の家庭用ゲーム機の存在は知っていたのです。いま改めて思えば、1980年代前半はゲームが徐々に家庭のなかへ浸透していきつつある状況でした。

 とはいえファミコンは本体が14800円、カセットが3800円もするのはネックでした。普通の子供が買える代物ではありません。それに当時、ビデオゲームを家で遊ぶ文化はまだ醸成されているとは言えず、たまに駄菓子屋さんやデパートのゲームコーナーで遊ぶのが精々だったのです。

 そんな事情もありそれほど興味は湧かなかったのですが、ある日、状況は一変します。遊びに行った友達の家に、ファミコンがあったのです。最初に遊ばせてもらったのは1983年12月7日発売の『ベースボール』だったと記憶しているので、それ以降の出来事なのは間違いありません。その日は、小銭を入れなくてもプレイできるビデオゲームに感動を植え付けられた、記念すべき日となりました。

 当然、親にねだりましたがどうにもなりません。それでもなんとか、翌年1984年のクリスマスに買ってもらえることになって大喜びしました。しかし、探しても探してもどこにもないのです。このときすでにファミコンの人気は高まっており、任天堂も200万台以上を出荷していましたが、需要を満たすには全く足りませんでした。結局、おもちゃ屋さんの店員に「ファミコンに似たのがありますよ」と言われ、セガの「SG-1000II」を買ってもらったことをよく覚えています。

【画像】好きだったソフトは? ファミコン初期のカセット(6枚)

画像ギャラリー

1 2