マグミクス | manga * anime * game

『剣盾』”色違いポケモン”の入手難易度が下がる ユーザーのモヤモヤはなぜ?

2020年内に、クラウドサービス『ポケモンホーム』を経由することでスマホゲーム『ポケモンGO』で捕まえたポケモンもNintendo Switch用ソフト『ポケットモンスター ソード・シールド』に送れるようになることが予定されています。長年のファンからは”色違い”ポケモンの入手が簡単になってしまうことに落胆する声も。

『ポケモン』今では入手がほぼ不可能な”色違い”もいる

『ポケモンGO』から『ポケモンホーム』に転送すると、キョダイマックスできる「メルメタル」がプレゼントされる
『ポケモンGO』から『ポケモンホーム』に転送すると、キョダイマックスできる「メルメタル」がプレゼントされる

「すべてのポケモンが集まる場所」をコンセプトとしたクラウドサービス『ポケモンホーム(Pokemon HOME)』は2020年内にスマホゲームアプリ『ポケモンGO(Pokemon GO)』との連携が予定されています。

 ファンが『ポケモンホーム』を利用する大きな目的は、シリーズ最新作Nintendo Switch用ソフト『ポケットモンスター ソード・シールド』(以下、剣盾)に、過去シリーズで一緒に冒険してきた「ポケモン」たちを連れてくることです。

『ポケモンGO』と連携が始まることにより、『剣盾』で一緒に冒険できる「ポケモン」の母数はさらに増えることになるのですが……長年のファンのなかには”色違い”の「ポケモン」を簡単に『剣盾』へと連れてきてしまえることに肩を落とす方もいます。

 順を追って説明すると、1999年に発売されたゲームボーイ用ソフト『ポケットモンスター 金・銀』以降より、全ての「ポケモン」には”色違い”が存在します。シリーズによって違いはあるものの、 偶然出会える確率は約4096分の1と言われており、レアリティの高さからコレクションとしての価値も見出されてきました。

 特に伝説や幻の「ポケモン」の色違いとなると……出会うまで何度もリセットを繰り返す必要があるばかりか、今となっては入手がほぼ不可能なポケモンも存在するため、所有していること自体がシリーズを長年プレイしてきたことの証でもあったのです。

 色違いの「ポケモン」は『ポケモンGO』であっても出現率は低いものの、歴代のゲームソフトの「ポケモン」シリーズと比較すると簡単にゲットできると、されており、キャンペーンを通じて「伝説のポケモン」の色違いをゲットできるチャンスも少なくありません。

 好きな「ポケモン」の色違いをゲットできる可能性が高まる、『剣盾』に送るチャンスが生まれることは、これから「ポケモン」を深く遊びたい方にしてみれば朗報です。 その一方で、長年にわたりシリーズを愛し続けてきたファンが、これまでの蓄積を無為に感じてしまうことも、仕方のないことなのかもしれません。

“些細なこと”と思われるかもしれませんが、今回の問題は大人にも子供にも愛される「ポケモン」だからこそ生まれるジレンマともとらえることができるのではないでしょうか。

(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (C)Pokemon (C)1998-2020 ピカチュウプロジェクト (C)2020 Pokemon. (C)1995-2020 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.

(ふみくん)

【画像】入手困難な“色違いポケモン”が比較的容易に手に入ってしまうジレンマ

画像ギャラリー