マグミクス | manga * anime * game

『ゴールデンカムイ』実写版の監督は誰にやってほしい? ハリウッド勢や故人の名も

【リード】 『ゴールデンカムイ』実写化が発表されてから1か月、SNSではキャストやどんな改変が起きるかなどいろんな予想が飛び交っています。今回はそのなかでも特に重要な、「誰が監督か?」という予想をネットの声を交えて紹介します。

感情闇鍋ウェスタン『ゴールデンカムイ』を「実写化」できる人物は?

実写化が発表されてからいろんな予想が飛び交う『ゴールデンカムイ』1巻(集英社)
実写化が発表されてからいろんな予想が飛び交う『ゴールデンカムイ』1巻(集英社)

 2022年4月19日に実写化が発表されてから、ネット、SNSで話題が尽きない人気マンガ『ゴールデンカムイ』。もともとが北海道が舞台の「ウエスタン」風味の作品であり、映画的な演出もパロディネタもあるマンガです。しかし、複雑なストーリーとキャラ描写、数々のアイヌ文化や歴史に関する細かい考証、下ネタ込みの独特なギャグ、激しいアクションにバイオレンス、裸と筋肉、狩猟グルメなど再現しなければならない要素が多すぎるため、実写化のハードルはかなり高いと言えるでしょう。ファンの間では、一番重要な「誰が監督になるのか」に関して、色んな予想や願望が飛び交っています。

●現実的路線……国内の監督なら誰?

 日本映画では過去数々の実写作品が作られており、実写映画を重点的に手掛けている監督も何人もいます。実写化が発表されたその日に、「この人が監督じゃないか」という予想で福田雄一監督(『銀魂』『今日から俺は!!』)の名前がTwitterのトレンド入りしていましたが、当の福田氏のTwitterアカウントは発表前の4月12日から更新がありません。

 その他、三池崇史監督(『殺し屋1』『無限の住人』)、山崎貴監督(『ALLWAYS 三丁目の夕日』『寄生獣』)、大友啓史監督(『るろうに剣心』)、英勉監督(『ぐらんぶる』『東京リベンジャーズ』)などこれまで実写化の経験が多い面々が監督になるのではないかと、予想が飛び交っています。『GANTS』『キングダム』と「週刊ヤングジャンプ」作品をヒットさせてきた佐藤信介監督も有力候補ですが、『僕のヒーローアカデミア』のハリウッド実写版も監督することが予定されているので、スケジュール的に無理かもしれません。

 また、これまでマンガ実写化の経験はありませんが、ハードなバイオレンスと男くさい世界観が得意な白石和彌監督(『凶悪』『孤狼の血』など)を希望する声もありました。白石監督は北海道出身というのも推される理由のひとつです。

 さらに、22年4月30日放送のTBS「情報7daysニュースキャスター」に出演した三谷幸喜氏が、『ゴールデンカムイ』のファンであることを明かし、SNSでは「脚本やってくれないかな」「豪華キャスト集められそう」「もはや大河でやってほしい」「原作愛があるのは大事」などと反響を呼んでいます。『鎌倉殿の13人』も好評な三谷氏が脚本や監督を担当すれば、話題性も抜群でしょう。

●予算、現実性度外視……ハリウッド監督を希望する声も

 前述のようにかなりクリアしなければならないハードルが多い実写化のため、「いっそハリウッドから監督を呼んでくるorハリウッドで実写化しては」という意見・願望も出ています。シリアスとギャグのバランスが秀逸で、映画ファンからの信頼も抜群なジェームズ・ガン監督(『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』)や、タイカ・ワイティティ監督(『ジョジョ・ラビット』)などを提案するツイートが支持されていました。確かに原作の殺し合いの最中でも唐突なギャグが挟まれるテイストを再現するなら、適切な人材かもしれません。

 また「ウエスタン風味」や「唐突なバイオレンス」という点でクエンティン・タランティーノ監督(『ジャンゴ 繋がれざる者』『ヘイトフル・エイト』)、ジェームズ・マンゴールド監督(『3時10分、決断の時』『LOGAN/ローガン』)の名前も挙がっています。映画の上映時間だけでは、ある程度「別モノ」となることは避けられないので、「いっそハリウッド風味にしてほしい」という意見もあるようです。

【画像】『ゴールデンカムイ』を実写化するのは誰だ?ネットで予想、願望が飛び交う監督たちの代表作を見る(13枚)

画像ギャラリー

1 2