マグミクス | manga * anime * game

20周年『FF11』は人間ドラマの宝庫「ヴァナ・ディールは故郷」「大人の事情を乗り越えて!」

2022年5月16日、『ファイナルファンタジーXI』(FF11)は記念すべき20回目の誕生日を迎えました。「FF」シリーズ初のMMORPGとして誕生し、数多のコンテンツ拡張を経て今なおサービスが続いている『FF11』。その根強い人気の理由や同作の魅力を振り返ります。

20周年を迎えてなお健在「FF」シリーズ初のMMORPG

PlayStation 2用ソフト『ファイナルファンタジーXI』(スクウェア)
PlayStation 2用ソフト『ファイナルファンタジーXI』(スクウェア)

 今やオンラインゲームで見知らぬ誰かと遊ぶのはありふれた光景ですが、ちょうど20年ほど前はまだまだパソコンがない家庭も多く、インターネットを通したオンラインゲームは現代ほど普及していませんでした。

 そんな状況下で登場したのが、スクウェア(現:スクウェア・エニックス)より発売されたPlayStation 2用ソフト『ファイナルファンタジーXI』(以下、FF11)。同作は国民的RPG「ファイナルファンタジー」(以下、FF)シリーズのナンバリングタイトルでありながらも、「コンシューマ向けMMORPG」という、当時としては異例の試みを背負って登場しました。

『FF11』の舞台は複数の大陸からなる広大な世界「ヴァナ・ディール」です。ゲーム内に接続したプレイヤーは従来の「FF」シリーズのように特定の主人公を操作するのではなく、プレイヤー自身がヴァナ・ディールに生きる主人公としてキャラクターを作成。ゲーム開始時に作り上げた自らの分身を通して世界を見すえ、ストーリーミッションやキャラクター育成を目指していきます。

 同作の世界観は原点回帰を図った『ファイナルファンタジーIX』に近く、「FF」シリーズが最初期から掲げていた「クリスタル」の重要性も復活。そうした王道ファンタジーテイストが満載の世界にて、リアルなプレイヤー同士が手を取り合う協力プレイを思う存分に楽しむことができました。

 MMORPGということもあり、パッケージ版のほかに拡張版が豊富にリリースされたのも特徴的。新たなジョブやミッションを含む「シラートの幻影」を皮切りとし、2003年から約10年にわたって拡張ディスクが提供されたほか、2015年にはストーリー最終章を飾る「ヴァナ・ディールの星唄」が公開されました。メインストーリー完結後も次々にサブシナリオが作られ、令和の今なお根強いファンによって賑わいを見せています(2016年度からPC版のみサービス継続中)。

【画像】あなたの思い出の「FF」は?(6枚)

画像ギャラリー

1 2