マグミクス | manga * anime * game

44周年『スペースインベーダー』世代じゃなくてもハマる中毒性の理由とは?

見せ方は変われど本質は据え置き

ニンテンドーDS用ソフト『スペースインベーダーDS』(タイトー)
ニンテンドーDS用ソフト『スペースインベーダーDS』(タイトー)

 筆者が『スペースインベーダー』に触れたのは小学生の頃。ニンテンドーDS向けに発売された『スペースインベーダーDS』を手に取り、オリジナル版の移植モードをプレイした体験が初めての出会いでした。移植モードと言うこともあり、ゲームシステムは1978年当時のものとほぼ同じ。遊び方も「自機を操作→ショットを発射→インベーダー撃退」というシンプル極まったものでしたが、単純明快ゆえに何度も挑みたくなる中毒性がありました。加えて何とも形容しがたいショット時の効果音、キャッチーなインベーダーのデザインなど、こうしたグラフィックやサウンド周りを踏まえて見ても、『スペースインベーダー』は世代をこえて誰もが楽しめる魅力にあふれていると思われます。

 そして44年の歴史を紡ぐ『スペースインベーダー』では、これまでに数多の関連作品が誕生しました。アーケードゲームを皮切りとし、家庭用ゲーム機や携帯ゲーム機、携帯電話やスマートフォンなどのプラットフォームで発売されたほか、ジャンルもオーソドックスな2Dシューティングから3Dシューティング、果てはリズムゲームへアレンジされるなど、時代を経るごとに見せ方を変えています。

 プレイヤー自身が侵略者になって地球を襲う『SPACE INVADERS GET EVEN 逆襲のスペースインベーダー』(Wii/2008年)や、CGムービーを多用したSF映画テイスト満載の『スペースレイダース』(ゲームキューブ/2003年)……などの意欲作も目立ちますが、遊び方の本質は基本的に据え置きのまま。普遍的な魅力を残しつつ、それでいて新たな魅力を発信し続けているのです。

 昨今ではゲーム作品のみならず、アイコニックなデザインのファッションアイテムなども話題を集めている『スペースインベーダー』。現在はリメイク版や移植版が各種プラットフォーム向けにリリースされており、40年以上前の作品も手に取りやすい環境が作られています。すでに遊んだことがある方、または未体験の方も、この機会に往年の名作を振り返ってみてはいかがでしょうか。

(龍田優貴)

【画像】先行予約分が完売する人気!ファッションブランドにも進出した『スペースインベーダー』(7枚)

画像ギャラリー

1 2