マグミクス | manga * anime * game

映画『二ノ国』で味わう、触れれば壊れてしまうような「思春期の夏」

2019年8月23日(金)より上映がスタートした映画『二ノ国』は、スタジオジブリの鬼才・百瀬義行監督と『妖怪ウォッチ』を生んだレベルファイブ、そして久石譲さんの音楽で彩られた王道ファンタジーの世界。そこで繰り広げられるのは、10代の親友2人のまぶしい青春そのものでした。夏休み最後の思い出にぴったりな同作の魅力を紹介します。

温かくて切ない、親友2人の大冒険

物語を動かしていく、親友同士のハル(左)とユウ(右) (C)2019 映画「二ノ国」製作委員会
物語を動かしていく、親友同士のハル(左)とユウ(右) (C)2019 映画「二ノ国」製作委員会

 車椅子だけど頭脳明晰なユウと、バスケ部のエース、ハル。そして、ハルの恋人、コトナ。彼らは暴漢に襲われてしまったコトナを助けようとして、現実世界(一ノ国)と表裏一体の関係にある「二ノ国」へ迷い込んでしまう。そこで出会ったのは、コトナにうりふたつの少女、アーシャ姫だった……。

 2019年8月23日(金)より上映がスタートした劇場アニメ『二ノ国』。主人公たちが突然迷い込んだ「二ノ国」の超王道的なファンタジー世界観は、スタジオジブリでアニメーターを務めていた百瀬義行監督ならではの、温かくコミカルなタッチ。酒場に集う、ガラは悪いが人情にあふれた野郎ども。背景に流れる久石譲さんのBGMと相まって、「懐かしさ」に胸が打たれます。

 次々登場する愉快なキャラクターは、人も動物も異文化すぎて、「一ノ国」のコトナの危機とのギャップに、いい意味で戸惑います。特に途中で出てくる祈祷師のダンスは必見。あまりに突拍子もない展開に、「ふふっ」と笑みがこぼれてしまいます。

 そんな風に肩の力を抜いて観られるストーリーは、コトナとうりふたつで彼女と同じように生命の危機に瀕したアーシャ姫と出会うことで、急にシリアスさを帯びていきます。ふたつの世界の命がつながっていることがわかってから、ユウとハルはそれぞれに抱いた決断のために走ります。

「ニノ国」のファンタジー世界。映画『ニノ国』とアミューズメント施設「namco」のコラボ特典ハガキより (C)2019 映画「二ノ国」製作委員会
「ニノ国」のファンタジー世界。映画『ニノ国』とアミューズメント施設「namco」のコラボ特典ハガキより (C)2019 映画「二ノ国」製作委員会

「命を選べ。」作品の主題でもあるこのキャッチフレーズは、コトナとアーシャというヒロインの命でもあれば、異なる決意で分かれてしまったユウとハル、お互いの命でもあるわけです。

 ヒロインふたりの命の行方をめぐって、争いは国を巻き込む規模にまで拡大します。しかし、どれだけ戦いの規模が広がろうとも、物語を動かす原動力は男の子たちの「好きな人への思い」です。

 愛する人のために、自分の命さえかえりみない。彼らの決意が生む、時に暴走とも取れる言動(特にハル)に「おい、お前らー!落ち着けー!!」と声をかけたくなります。映画『二ノ国』は、異世界探訪や少女を救うために奔走した彼らの、触れれば壊れてしまうような思春期の夏を描いた作品でした。

 そんなまぶしい夏の物語を飾る、ラスト15分のタネ明かし。ふたつの命が繋がっているという設定に隠された、青春のひとつの区切りも、ぜひ楽しみにご覧ください。

(サトートモロー)

※『UDCast』方式による視覚障害者用音声ガイド、聴覚障害者用日本語字幕に対応

【画像】まぶしい夏の青春物語を綴る、主人公たちとアーシャ姫(7枚)

画像ギャラリー