マグミクス | manga * anime * game

初代『モンハン』手間がかかる、難易度高すぎ…なのに「駄作」ではない理由とは?

2022年3月11日は、PS2用ソフト『モンスターハンター』の18回目の誕生日です。ハンティングアクションゲームというジャンルを開拓し、今や全世界で2000万本以上を売り上げるまでに成長した「モンハン」シリーズの原点を振り返ります。

全世界で2700万本を売り上げる人気アクションゲームの原点

PlayStation 2『MONSTER HUNTER(モンスターハンター)』(カプコン)
PlayStation 2『MONSTER HUNTER(モンスターハンター)』(カプコン)

 カプコンが手掛けるハンティングアクションゲーム「モンスターハンター」(以下、モンハン)は、2022年3月11日で生誕18周年を迎えました。同シリーズはPlayStation 2(以下、PS2)用のオリジナルタイトルとして登場後、プラットフォームを股にかけて約20作品を展開(派生タイトルを除く)。最新作『モンスターハンター ライズ』(以下、ライズ)と前作『モンスターハンター:ワールド』を合わせた累計ソフト売上は約2700万本(世界)を記録し、2021年3月にはミラ・ジョヴォヴィッチ主演による実写映画が日本で公開されました。

 今回は、すべての「モンハン」シリーズタイトルのいしずえとなったPS2用ソフト『モンスターハンター』(以下、初代)にフォーカス。ゲームシステムや初代特有の難しさに焦点を当てつつ、その魅力を振り返ります。

 今でこそ「モンハン」シリーズと言えばアクションゲームを代表する人気タイトルという印象ですが、2004年の誕生当時は決して前評判も高くなく、「実験的な意味合いの強いオリジナルタイトル」といった位置づけでした。しかし、大小さまざまなモンスターと渡り合う緊張感や自らの手でモンスターを討伐する高揚感が話題を呼び、ユーザーのクチコミ効果で約20万本を売り上げるヒット作へと成長したのです。

 肝心のゲームシステムも、「クエスト受注→フィールド散策→モンスター発見→戦闘の末に討伐 or 捕獲」という流れ自体は『初代』の時点で一通り完成済み。シリーズを代表するモンスター(イャンクックやリオレウスなど)もこの頃から登場しており、ハンティングアクションゲームとしての土台はある程度できていたように思えます。

 また、昨今のシリーズタイトルと比べてストーリー性は皆無に等しい作りでしたが、マルチプレイモード(2011年6月にサービス終了)を利用すれば複数人でモンスター討伐に勤しむことが可能になるなど、「仲間と共闘する楽しさ」は『初代』からシリーズ最新作の『ライズ』まで一貫して受け継がれていると言えるでしょう。

 ただし、『初代』は「モンハン」シリーズの始祖にして非の打ち所のない名作であったかと言えば、答えはNOと言わざるを得ません。と言うのも、数多くの面で煩雑さが目立つ「荒削りなゲーム」だったからです。

【画像】『モンハン』関連タイトルを振り返り(6枚)

画像ギャラリー

1 2 3