マグミクス | manga * anime * game

アニメ放送25周年『地獄先生ぬ~べ~展』が開催中。スタッフの熱意が込もる資料が満載

ゆきめのTシャツが人気商品に

ぬ~べ~が作中で担任をつとめた5年3組の教室を再現した会場。教壇側の黒板にはファン必見のサインも…
ぬ~べ~が作中で担任をつとめた5年3組の教室を再現した会場。教壇側の黒板にはファン必見のサインも…

 教室の左奥には、当時使用された台本や企画書、劇場版パンフレットが並べられています。その教室を出てさらに会場の奥に向かうと、待ち受けているのは「鬼の手」のフォトスポットです。ぜひあなたもぬ~べ~になりきって、鬼の手の封印を解いてみてください。25年前、ぬ~べ~の真似をした懐かしい気持ちに浸ることができるでしょう。

 最後に出口で待っているのは、さまざまな「ぬ~べ~」グッズです。「ゆきめのすりガラスマグカップ」や「宝典風御朱印帳」、お湯を入れると絵柄や文字が浮き出す「メタモ湯のみ」など、さまざまな限定販売グッズや先行販売グッズなどが揃っていますが、なかでも人気なのは、ゆきめをデザインモチーフとした「地獄先生ぬ~べ~ YUKIME RETURNS! Tシャツ」とのこと。何年経ってもゆきめの人気の高さに変わりはないようです。

 まだまだ暑さが続く季節ですが、久しぶりに『ぬ~べ~』の世界に浸り、かつてTVの前で味わった背筋の寒気を久々に感じてみるのもよいのではないでしょうか。

(ライター 早川清一朗)

●アニメ25周年記念「地獄先生ぬ~べ~展」は、東京・有楽町マルイ8階イベントスペースにて、2021年8月29日(日)まで開催中。入場無料。営業時間:11:00~20:00
※8月14日(土)より展示物が一部入れ替わっています。
※8月18日(水)は有楽町マルイの定休日で閉館となります。

(C) 真倉翔・岡野剛 / 集英社・東映アニメーション

【画像】展示もグッズも充実の「ぬ~べ~展」 幻となったキャラデザ画も(12枚)

画像ギャラリー

1 2