マグミクス | manga * anime * game

【声優・本多真梨子のマンガ愛(26)】「優しくて可愛い」から「恋愛の深さ」に引き込まれ…

マンガをこよなく愛する声優の本多真梨子さんが、心からおすすめしたいマンガを紹介します。26回目は、繊細な感情描写が読む者を大きく揺さぶる恋愛物語。本多さんイチオシの「刺さる」シーンとは?

「気持ちのあるく早さが合わなかっただけ」って、いい言葉

声優・本多真梨子さん
声優・本多真梨子さん

 このマンガ、ホント名作なので読んで欲しい……! 優しくて穏やかで可愛い恋愛の感情と、衝動的で譲れない拙い感情が心に刺さる恋愛マンガです!!

 あーーーー説明が難しい!!! とにかく読んで欲しい!!!!

 お久しぶりです、声優の本多真梨子です!「本多真梨子のマンガ愛」26回目。ご紹介するマンガは、『菜の花の彼ーナノカノカレー』。私の歴代好きなマンガランキングのなかでも、トップ5に入るであろう作品です!

 この作品は、桃森ミヨシ先生と鉄骨サロ先生が共同で作られているマンガで、原作と作画をハッキリと分けた分担ではなく、ふたりで相談しながら作られているそうです。表紙絵などの場合、線画を桃森先生、カラーを鉄骨先生が担当されているとか。原作と作画での分担はよく聞きますが、このような形はあまり聞かないので、初めて知った時は驚きました!

 読み始めたキッカケは、桃森ミヨシ先生の『ハツカレ』という作品が好きで、この作品の連載中はマーガレットの雑誌を買ってずっと追っていました! コミックスが待てなくて、雑誌の発売日を今か今かと待ってたのを覚えてます。毎号出るたびハッピーな気持ちになってたなぁ?(笑)

『菜の花の彼ーナノカノカレー』で、特に私の思い入れが強いシーンを説明させて下さい。

「気持ちのあるく早さが、合わなかっただけなんじゃないかなって」

 あの時知りたかった やさしい答え
 今すりむいた傷口にそっと
 手をそえてもらったような気がしたーー

 主人公の綾瀬菜乃花(なのか、高校1年)が、桐山隼太(はやた、中学3年)に恋をする場面です。

 この時ふたりはまだ顔も知らなくて、菜乃花は顔も知らない隼太の言葉で救われて、衝動的に振り向いて告白する……という劇的なシチュエーション! 本人も告白した自分にビックリしてるのがかわいいです(笑)。

 初対面の高校生に告白され、お断りしようと話し出す隼太に、メモ帳にメアドを書いて渡す菜乃花。大人しくあまり主張することのない菜乃花が、「ここで終わりにしたくない」という想いから必死でつなぎ止めます。

 しかし、後日隼太から連絡が来て、本人から直接「付き合えない」というと言われます。偶然その場に居合わせた友人たちが隼太を弄りはじめ、隼太が「俺がふられたんだ」と言うと……

「違う!ふられたのは私。お願いだから、あなたへのきもちを私から絶ったみたいに言わないで!」と叫ぶ菜乃花。

 ここで菜乃花が言った言葉がすごく刺さったんですよね。隼太に!(私にも!!)

 隼太にとっては庇ったつもりで選んだ言葉が、本当に優しいことなのかどうか……今まで気づいていなかったことに気づかされて、自分が変わっていくような、そんな気持ちのなか、隼太も徐々に菜乃花のことが気になっていくんです。

 この、好きになっていく過程がすごく良くて!!

 菜乃花も隼太も、それぞれの知らなかった一面を知って嬉しくなって、どんどん想いが募ります。やさしくて可愛い恋愛なんです!

『菜の花の彼―ナノカノカレ―』6巻(集英社)
『菜の花の彼―ナノカノカレ―』6巻(集英社)

 特に隼太が、優しいんですよぉぉぉ……。

 選ぶ言葉や伝えてくれることが、本当に良い子過ぎて泣けてくる。それは、諦めることの多かった彼の生き方なんですが、この話も後々出てきます。

 優しい隼太のおかげで、いつも自分の気持ちを言葉にできない菜乃花が、素直なれる。ふたりを見てるとほっこり癒されます。

 そんな可愛いやさしい恋愛に、過去の男が出てきます。菜乃花の元彼、上杉鷹人。彼は菜乃花が初めて付き合って……そして、傷ついた相手。この鷹人(たかと)くんが、まぁ、なんと言いますか、自分の気持ちを上手く伝えられなくて、衝動的で拙い感情を爆発させちゃう人なんです。

 すごくすごく好きなのに、好きを上手く伝えられなくて、反対のことを言って傷つけてしまう。若い……若いよぉぉぉ鷹人くぅぅんんんん。

 でもこの鷹人くんを起点に、菜乃花も隼太も感情が少しずつ変わっていくんです。今までやさしくてあったかい気持ちだった恋愛から、それとは違う執着心や独占欲、すれ違う絶望的な感情……。

 この『菜の花の彼ーナノカノカレー』は、「傷つくのも恋、癒すのも恋、心が動く新連載」というフレーズで連載スタートしているそうですが、本当にその通り。菜乃花、隼太、鷹人がたくさんの感情に翻弄されたり傷ついたりと、一般的な少女マンガよりも感情の揺れ幅が大きいです。

 そうした感情の機微がとても繊細に描かれていて、読んでいる側の心もたくさん揺れ動きます! 恋愛って善悪関係なく、人を変えてしまうことがあるんだなぁって、このマンガを読んで改めて思いました。

 たくさんのことを乗り越えて、菜乃花は何を選び変わっていくのか、後半の第2章はサスペンスな展開もあるので見逃せません!

 マーガレットコミックス、桃森ミヨシ×鉄骨サロ『菜の花の彼ーナノカノカレー』。

 恋愛って、深いな……。

(本多真梨子)

1 2

本多真梨子(ほんだ まりこ)

声優/アミュレート所属。TVアニメ『神之塔』(ユリ・ザハード)、TVアニメ『日常』(相生祐子)、TVアニメ『生徒会の一存』シリーズ(桜野くりむ)、TVアニメ「ロボットガールズZ」(マジンガーZ ちゃん)、ゲーム「サモンナイト」シリーズ(ペリエ)など。
・公式サイト:http://amuleto.jp/talents/honda-mariko.html
・Twitter:https://twitter.com/honda_mosamosa