マグミクス | manga * anime * game

『鬼滅の刃 刀鍛冶の里編』の次は『柱稽古編』 原作の何巻、何話?

吾峠呼世晴先生による漫画(マンガ)『鬼滅の刃(きめつのやいば)』TVアニメ第3期「刀鍛冶の里編」の次にあたる第4期「柱稽古編」が2024年5月12日からTV放送開始されました。アニオリ要素、原作の何話から何話までが「稽古編」にあたるのかご紹介します。

  • ネタばれ注意

『鬼滅の刃 柱稽古編』とは?

『鬼滅の刃』柱稽古編 第1弾キービジュアル (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

『鬼滅の刃 柱稽古編(読み方:はしらげいこへん)』は、TVアニメ2期として放送された「遊郭編」の次のエピソード「刀鍛冶の里編」の、さらに次の物語です。

  1. TVアニメ1期「竈門炭治郎 立志編」
  2. 劇場版「無限列車編」
  3. TVアニメ2期「遊郭編」
  4. TVアニメ3期「刀鍛冶の里編」
  5. TVアニメ4期「柱稽古編」

 刀鍛冶の里での戦いの最後に、禰豆子が太陽の光を克服しました。それをきっかけに鬼の出現が止まり、鬼殺隊は訓練に時間を割けるようになります。

 そこで、「柱稽古」と呼ばれる「合同強化訓練」が始まりました。「柱稽古」は柱がそれより下の階級の隊士を鍛える訓練です。

「柱稽古」は元音柱・宇髄天元による基礎体力作りから始まり、続いて恋柱・甘露寺蜜璃の柔軟、霞柱・時透無一郎による高速移動訓練。さらに蛇柱・伊黒小芭内、風柱・不死川実弥、岩柱・悲鳴嶼行冥から訓練を受けます。

 柱たちによる激しい稽古が行われますが、水柱・冨岡義勇と蟲柱・胡蝶しのぶは参加していません。

「柱稽古編」では、しのぶの覚悟や不死川兄弟の確執が描かれ、悲鳴嶼行冥の過去も明かされます。義勇が他の柱たちから距離を取っていた理由も描かれます。

「柱稽古編」のアニオリ

 2023年2月2日より、ワールドツアー上映『「鬼滅の刃」絆の奇跡、そして柱稽古へ』が公開され、「柱稽古編」の第1話も初お披露目されました。また、5月12日より、TVアニメも放送を開始。劇場への来場者、そしてTVの視聴者は、冒頭のアニメオリジナルストーリーに驚きました。

 風柱・不死川実弥と、蛇柱・伊黒小芭内がふたりの一般隊士を伴い、任務にあたる様子が描かれたのです。そして、鬼を追う柱ふたりが見たのは、決戦の場となる「無限城」だったのです。

映画『鬼滅』柱稽古編の「アニオリ」で違和感? 「謎のキャラ」「もしや重要?」

大好評の劇場版『「鬼滅の刃」絆の奇跡、そして柱稽古へ』のなかで明かされた「柱稽古編」第1話のなかでも、「とにかくすごい」「サプライズすぎる」「これを待っていた!」など、ネットでも大いに盛り上がっているのが冒頭のアニオリです。そのアニオリに注目し、その魅力といくつもの「違和感」「謎」について考えていきます。

「柱稽古編」は原作が足りない問題 「どこまでアニオリ入れるの?」不安と期待

TVアニメ『鬼滅の刃』柱稽古編が、2024年5月12日(日)より放送開始されることが発表され、ファンの間で盛り上がりを見せています。一方で、「柱稽古編」がコンパクトなエピソードであり、続く「無限城編」のボリュームの大きさから、「完結編はTVか映画か」とどのように完結を迎えるのかを懸念する声も少なくありません。

「柱稽古編」は原作漫画何巻の何話まで?

『鬼滅の刃 柱稽古編』が始まるのは第130話「居場所」から

『鬼滅の刃 柱稽古編』のスタートは原作の単行本に収録された第15巻第130話「居場所」からです。

 炭治郞は刀鍛冶の里の戦いで重傷を負い、蝶屋敷で治療に専念していました。そんな炭治郞のところへ、伊之助が「合同強化訓練」のしらせを持ってきます。

「柱稽古」とも言われるこの訓練は、各柱が鬼殺隊士に稽古をつけてくれるもの。柱もたくさんの隊士と稽古をして、体力向上が見込めます。

「柱稽古編」では、ニコニコしながら稽古をつけてくれる無一郎や、パンケーキが好きな蜜璃など、それぞれの柱が違った一面を見せます。また、義勇の過去や不死川兄弟のケンカといった不穏な要素もあります。

『鬼滅の刃 柱稽古編』が終わるのは第16巻第136話「動く」

「柱稽古編」は第16巻の第136話「動く」で終わります。炭治郞は悲鳴嶼から稽古を受け、次の義勇の元へと向かいます。

 ところが義勇は実弥と稽古中でした。稽古ではなくケンカだと勘違いした炭治郞は止めに入ります。

 やる気を削がれた不死川実弥は立ち去りました。実弥はそこで不審な「目」を見つけます。目には「肆」と文字が付いています。

 一方、「お館様」のところには意外すぎる来客がありました。次の第137話「不滅」から物語は「無限城編」へと続きます。


(マグミクス編集部)

関連リンク