マグミクス | manga * anime * game

「運命」を示唆? 『ワンピース』シャンクスが飲んでいたお酒の名前 黒幕説も浮上…

『ONE PIECE』赤髪のシャンクスが飲んでいたお酒の名前について、ネット上で考察が盛り上がっているようです。ベートーヴェンの「運命」を指しているといった声や、太陽の神「ニカ」を指しているのではといった考察があります。そんな、シャンクスが飲んでいたお酒の名前「六十七酒 五番」に隠された意味を探っていきます。

赤髪のシャンクスが飲んでいたお酒の名前に隠された意味とは!?

『ONE PIECE』から生まれた新たな「酒の名前」の考察(画像:写真AC)
『ONE PIECE』から生まれた新たな「酒の名前」の考察(画像:写真AC)

 最終章を迎えて盛り上がりを見せる『ONE PIECE』について、今ネット上では、赤髪のシャンクスが飲んでいた「お酒の名前」についての考察が盛り上がっているようです。その名前である「六十七酒 五番」に隠された意味を探ります。

※ここから先の記事では単行本未収録、未アニメ化の内容を含みます。ご了承の上お読みください。

 赤髪海賊団の船長であり、四皇のひとりでもあるシャンクスは、第1話から登場しながら『ONE PIECE』のなかでもかなり謎の多いキャラです。出番は少ないながらも、2021年1月から2月の期間におこなわれていた世界人気投票では、数多くのキャラクターのなかから12位に選ばれる人気を見せています。

 そんなシャンクスに関して、Twitterやネット上では、1054話で彼が飲んでいたお酒の名前である「六十七酒 五番」というワードに注目が集まっています。この数字には隠された意味があるのではないかと噂されており、そのひとつが「ベートーヴェンの『運命』とかけているのではないか」という説です。「ジャジャジャジャーン」から始まる、超有名曲の正式名称は「交響曲第5番ハ短調作品67」。「六十七酒 五番」が一致していることは、単なる偶然でしょうか? 

 そして、「運命」というワードは、かつてルフィの故郷・フーシャ村のウープ・スラップ村長が発したセリフと関わっているという説も出てきているのです。ルフィがアーロンに勝利し、3千万ベリーの懸賞首になった第96話で、ルフィの出世に村のみんなが大騒ぎのなか、村長だけは村から悪党が出てしまったとご機嫌斜めでした。そして、マキノが「でもあの子の夢だもの…心配?」と村長に尋ねると、彼は「……『夢』か『運命』か……」と意味深な言葉を残すのです。

 ルフィの夢とは当然「海賊王になること」ですが、村長はそれは彼の自発的な夢というだけでなく、もはや「運命」だと悟っている、という風に、かつてからこのセリフは重要な伏線として考察されていました。さらに、この96話では、シャンクスが久々に登場し、ミホークからルフィの手配書を渡されて「きたか ルフィ」と、ルフィがのし上がってくることを当然分かっていたかのような不敵な笑みを浮かべています。そして、ルフィが新しく四皇入りした後に、シャンクスが「運命」を意味するお酒を飲んでいるため、ネット上では「やっぱりルフィが海賊王になるのは『運命』ってことか」「ルフィが『ゴムゴムの実』を食べたのも偶然ではなく運命だったのかな」と盛り上がりを見せています。

 それにしても、イーストブルーの小さな村の村長がなぜ、ここまで意味深なセリフを言うのかという点も気になるところです。ウープ・スラップ村長はルフィの血筋や、育ての親・ダダン、サボやエースとの義兄弟関係も把握していて、たびたび意味深な発言をしています。意外と超重要キャラかもしれません。

 そしてシャンクスに関しては、ここにきて「黒幕」「ラスボス」説も出てきています。『ONE PIECE』の世界には、奴隷たちを解放してくれる伝説の戦士とされる「太陽の神・ニカ」が語り継がれています。そして、ルフィの食べた悪魔の実「ゴムゴムの実」が、実は「ヒトヒトの実 幻獣種モデル・ニカ」であったことが明らかになりました。

 第1話でルフィが食べた「ゴムゴムの実」は、もともとシャンクスが持っていたものです。もし、この時すでにシャンクスが「ゴムゴムの実」がニカになるものだと知っていたとしたら、ルフィが覚醒したことも計画の内だった……、とまで考えることもできます。そのことを示唆するかのようにシャンクスは、「これが………」とルフィが「ニカ」へと覚醒した姿の手配書を見ていました。そして、ついに「ワンピース」を「奪りにいく」ことを宣言したのです。もしかすると、「ニカ」の力そのものが「ワンピース」を手に入れるために重要な役割を果たすのでは、シャンクスはそれをずっと待っていたのではないかという考察も出てきました。そんな重要な一連のシーンでシャンクスが飲んでいた「運命」のお酒、その「六十七、五」という数字にはベートーヴェンの曲名だけでなく、他にも意味が隠されているかもしれません。

1 2