マグミクス | manga * anime * game

「解説役から大逆転」「使い捨てザコじゃなかった」 時間をおいて大活躍したキャラ

バトルマンガの物語序盤で負けた敵キャラは、その後の展開についていけず、いつの間にか忘れられてしまうことも多いです。しかしなかには、誰もが忘れたころに、まさかの活躍を見せるキャラもいます。今回は、序盤で負けて使い捨てられたと思いきや、時間を置いて「アツい活躍」を見せたキャラを紹介します。

1回戦負けから大出世!

本部以蔵が表紙の『グラップラー刃牙 完全版』第8巻 (秋田書店)
本部以蔵が表紙の『グラップラー刃牙 完全版』第8巻 (秋田書店)

 バトルマンガの物語が進んでいけば、序盤で敗れたキャラはいつの間にか忘れられてしまいます。しかし、そのような敵のなかには、時を置いて読者が驚くようなアツい活躍を見せたキャラもいました。今回は、そんな序盤で負けた後、時間を置いて意外な活躍をしたキャラを紹介します。

●本部以蔵『刃牙』シリーズ

 人気格闘マンガ『刃牙』シリーズにおいて、もっとも「出世した」キャラと言えば、「実戦武術家」本部以蔵ではないでしょうか。

 第1部『グラップラー刃牙』の第1巻から登場した本部は、超実戦柔術の使い手で「伝説」とまで呼ばれるほどの実力者でした。しかし、かつて負けたという「地上最強の生物」範馬勇次郎との再戦では攻撃を何度か見切るも敗北し、読者の期待を受けて出場した最大トーナメントでは、1回戦で横綱の金竜山に小指取りを仕掛け、それを返されて敗れています。小指が常人よりはるかに強い力士を相手に、悪手ともいえる戦法の思える負け方でした。

 その後、武術全般に詳しい本部は最大トーナメント終盤まで解説役として活躍するも、武術家としての本領発揮はかなり先となります。

 そして、第2部『バキ』の「最凶死刑囚編」終盤で再登場した本部は、死刑囚のひとり柳龍光を相手に武器を使って圧倒し、柳の切り札「毒手」を切り落とすほどの強さを見せました。この際に、作者の板垣恵介先生は「週刊少年チャンピオン」の巻末で「本部が強くて何が悪い」とコメントしています。

 そして、本部は久々に登場した第4部『刃牙道』で武器使用の本領を発揮し、誰もが驚くほどのアツい活躍を見せました。

 クローン技術と降霊術で蘇った史上最強の剣豪、宮本武蔵は挑んできた愚地独歩や刃牙を軽くあしらい、烈海王を斬り殺すなど、圧倒的強さを見せつけます。また、作中最強キャラである範馬勇次郎との戦いでも、本部の乱入で勝負はつかなかったものの、互角の戦いをみせており、武蔵の実力は伝説の剣豪に相応しいものでした。

 その武蔵相手に「仲間を守護る」目的で1対1の戦いを挑んだ本部は、仕込んでおいた武具駆使して武蔵を追い詰めます。しかし、鎖帷子越しに受けた武蔵の斬撃で深手を負い、窮地に立たされました。それでも諦めない本部は、不意を突いたタックルから片腕と口を使った裸絞めで武蔵を絞め落とし、勝利したのです。

 この大金星以外にも、本部は第4部で公園でジャック・ハンマーを倒したり、勇次郎をブチ切れさせるも逃げおおせたりと見どころが多く、主役級の輝きを見せています。最大トーナメントの1回戦で敗れた際に、彼がこれほどの活躍を見せるなど誰が想像できたでしょうか。6部『刃牙らへん』でボスキャラとなったジャックとの再戦にも注目が集まります。

【画像】え…「顔こわっ」「強すぎ」 これが『刃牙』本部が2部以降で倒した異常な強敵たちです(4枚)

画像ギャラリー

1 2