マグミクス | manga * anime * game

最終回は伝説に…ツッコミ不可避、実はカオスなマンガ『焼きたて!!ジャぱん』

「週刊少年サンデー」で、かつて連載されていた名作『焼きたて!!ジャぱん』。主人公・東和馬が日本独自のパンを作るために奮闘する姿は、まさに王道の少年マンガと言えるでしょう。しかしなかには、料理マンガらしからぬ展開もあります。思わずツッコみたくなるカオスな敵やシーンを集めました。

パンを食べたら別の生き物に!?

世界に愛されるパンを目指して和馬の奮闘が始まる『焼きたて!!ジャぱん』第1巻(著:橋口たかし/小学館)
世界に愛されるパンを目指して和馬の奮闘が始まる『焼きたて!!ジャぱん』第1巻(著:橋口たかし/小学館)

 2000年代前半に約6年間連載された人気マンガ『焼きたて!!ジャぱん』(著:橋口たかし)。2004年10月にはアニメ化も果たしています。主人公・和馬が世界中に愛される日本独自のパンを創ろうとするストーリーは、熱くて王道的な展開。一方でパンを食べた際のユニークなリアクションや、個性的すぎる敵などの迷シーンが話題になることも……。

 まず『焼きたて!!ジャぱん』のカオスキャラとして有名なのがヒューパンです。ヒューパンとは、人の心を支配するパン・魔王によって人間が変化させられた化け物のこと。体中の部位がパンに置き換わった独特な見た目は、普通の料理マンガのキャラクターとは思えません。しかも和馬の憧れの人である霧崎雄一がヒューパン化してしまうのは、かなり衝撃的だったのではないでしょうか。

 またパンを食べた人のリアクションも、『焼きたて!! ジャぱん』がぶっ飛んでいると言われる要因のひとつ。おいしさに感動してオーバーリアクションをするのは料理マンガあるあるですが、『焼きたて!! ジャぱん』ではパンを食べた人が別の生物に変化することもあります。人間がモナカなどに変わった絵面は、ギャグマンガ並みにシュールです。

 ほかにも最終回ではメインキャラの河内恭介が、パンを食べて「STREET FIGHTER」シリーズのダルシムらしき姿へ変わります。さらに河内は陸地を浮かせて世界を水没の危機から救った上、ダルシムのまま「なんやて!?」と言うコマで連載が終了します。

 料理マンガらしからぬラストは、未だに伝説の最終回という声が絶えません。俳優の菅田将暉さんも2021年4月26日に放送された『菅田将暉のオールナイトニッポン』で、忘れられない最終回として『焼きたて!!ジャぱん』の名前をあげていました。

(マグミクス編集部)

【画像】予想を超えたシーンが連発するコミックス

画像ギャラリー