マグミクス | manga * anime * game

【アントニオ猪木追悼】『刃牙』猪狩完至のその後を語る新作読切がチャンピオンに掲載ッ!

2022年10月1日にご逝去されたアントニオ猪木さんを偲び、『刃牙』シリーズに登場したオマージュキャラクター・猪狩完至のその後を描いた、板垣恵介先生描き下ろしの新作読み切りが、「週刊少年チャンピオン48号」にセンターカラー25ページで掲載されています。病床ですっかり弱ってしまった猪狩が、語ることとは……!?

やっぱ猪狩完至は永遠だよネ!

新作読み切り『バキ道外伝 やっぱ猪狩完至は永遠だよネ!』のカット(秋田書店)
新作読み切り『バキ道外伝 やっぱ猪狩完至は永遠だよネ!』のカット(秋田書店)

 2022年10月27日(木)発売の「週刊少年チャンピオン48号」に、 2022年10月1日にご逝去されたアントニオ猪木さんの追悼企画として、オマージュを捧げた『刃牙』シリーズのキャラクター「猪狩完至」の、その後を描いた新作読み切りが掲載されています。

 板垣恵介先生描き下ろしのセンターカラー25ページで掲載された読み切り『バキ道外伝 やっぱ猪狩完至は永遠だよネ!』は、病床で衰弱しきった猪狩完至の姿から始まります。後輩プロレスラーの久隅公平も、「来週まではムズかしいゾ……」と語るなか、猪狩が語ることとは……。

 猪狩がメインの読み切りは、1999年に発表された『グラップラー刃牙 外伝』で、マウント斗羽(ジャイアント馬場のオマージュキャラクター)とアントニオ猪狩(猪狩完至)の東京ドームでの因縁の戦いが描かれて以来、23年ぶりです。『グラップラー刃牙 外伝』は10月6日から「マンガクロス」にて、無料配信されています。

 今回の新作読み切りに関して、週刊少年チャンピオン編集部はこのようにコメントを寄せています。

「アントニオ猪木さんの訃報から約一か月。最期まで「燃える闘魂」を貫いていらっしゃった姿を
多くの追悼記事や番組などで拝見しました。偉大なプロレスラーが示した「道」に何度も心を打たれております。アントニオ猪木さんに最大級の感謝を捧げ、「バキ道外伝 やっぱ猪狩完至は不滅だよネ!」をお届けいたします。ご冥福をお祈り申し上げます。」

(マグミクス編集部)

【画像】猪狩完至の気になる「その後」が描かれた『バキ道外伝 やっぱ猪狩完至は永遠だよネ!』の一部を見る

画像ギャラリー