マグミクス | manga * anime * game

『呪術廻戦 0』主人公・乙骨憂太の名シーン3選 劇場で目に焼き付けたい

2021年12月24日(金)に公開が予定されている、『劇場版 呪術廻戦 0』。TVアニメ『呪術廻戦』で見せつけられた神がかった演出を、大画面のスクリーンで観られる。そんな期待感で今から興奮冷めやらない筆者には、公開前から「名シーン」になることを確信している、早くスクリーンで観たい名シーンがあります。

規格外の呪術師・乙骨憂太の成長を神作画で堪能したい!

『劇場版 呪術廻戦 0』ティザービジュアル (C)2021 「劇場版 呪術廻戦0」製作委員会 (C)芥見下々/集英社
『劇場版 呪術廻戦 0』ティザービジュアル (C)2021 「劇場版 呪術廻戦0」製作委員会 (C)芥見下々/集英社

 2021年12月24日(金)に公開が予定されている、『劇場版 呪術廻戦 0』。芥見下々先生による『呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校』を原作とした内容となることが予想されています。TVアニメ化もされた人気作『呪術廻戦』の前日譚である本作で、主人公・乙骨憂太(おっこつ・ゆうた)は人々との関わりを避けた少年として登場します。その原因は、凶悪な力を持つ呪霊であり、乙骨に取り憑いた幼なじみ・折本里香(おりもと・りか)の存在があったから。彼の葛藤と覚悟と成長が描かれる本作において、映画公開のあかつきには、絶対に目に焼き付けておきたい乙骨の名シーンを3つ紹介させてください。

●期待の名シーン1:乙骨の決意と里香の顕現

 呪術高専東京校の教師・五条悟に導かれ、呪術師としての道を歩み始めた乙骨。まっすぐな性格で口の悪い同級生・禪院真希をパートナーとした初任務で、初めて目にする(里香以外の)呪霊に怯えます。

 極限状態のなかで、呪術師としての覚悟を決める乙骨。その様子は、自分で規格外の呪い・宿儺を体内へと取り込む『呪術廻戦』主人公の虎杖悠仁と対極的なのが印象的です。彼自身の覚醒はもちろん、その直後に顕現する里香の暴れっぷりやおぞましたが、どう描写されるかも気になります。

●期待の名シーン2:真希との会話シーン

「来たる12月24日!! 日没と同時に!! 我々は百鬼夜行を行う!!!」

 映画公開日との同日に繰り広げられる、敵・夏油傑と呪術師たちとの総力戦。その直前に交わされる、乙骨と真希との会話シーン。本作では数少ない日常シーンのひとつですが、ここではアニメであまり見られなかった、真希の表情の変化を楽しめます。むしろ、ここは真希の名シーンかもしれませんね。

 空や雲、教室の陰影や光の差し込みかたなど、TVアニメではちょっとしたシーンの背景が、とても美しく描かれていました。この後の展開への分岐点ともいえるこのシーンも、きっと美しい描写がなされるとワクワクしています。

●期待の名シーン3:最終決戦で見せる激昂

 乙骨の同級生である真希、狗巻棘、パンダたちも戦闘に参加しますが、それぞれに深い傷を負います。惨劇を目前に、激昂し里香を顕現させる乙骨。負の感情を爆発させ、一気に戦闘が加速するという、絶対に作画・演出の力が入るであろう重要なこのシーン。制作陣がここをどう料理するのか、ワクワクが止まりませんね。

「すごい」のひと言では片づけられなかった、TVアニメ『呪術廻戦』。映画『呪術廻戦 0』の期待感も、否が応でも高まるというものです。皆さんが好きな『呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校』の名シーンはどこですか? 新たな映画予告映像、そして本編の公開で、そのシーンがどう映像化されるのか楽しみに待ちましょう。

(サトートモロー)

【画像】解禁された『呪術廻戦 0』真希、棘、パンダ設定画(4枚)

画像ギャラリー