マグミクス | manga * anime * game

複数キャラを1人で演じる、声優の「かけ持ち」が多かったアニメ 「本人同士」がバトル!?

最近では滅多に見れなくなった声優のかけ持ち。時には同じ声のキャラが会話することも当たり前だった時代もありました。そこで、そんな声優の技量が楽しめるアニメ作品を振り返ってみます。

声優が何役も演じなくなったワケ

声優・チョー氏が「兼役」をしているのは旧作のオマージュ?『宇宙戦艦ヤマト2199追憶の航海』 (C)2012 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会
声優・チョー氏が「兼役」をしているのは旧作のオマージュ?『宇宙戦艦ヤマト2199追憶の航海』 (C)2012 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会

 昔のアニメ作品と昨今のアニメ作品を見て、色々な点に気付くことがあります。ポイントは人それぞれですが、筆者の場合、複数のキャラをひとりの声優が演じる、「声優のかけ持ち(兼役)」が少なくなったと感じていました。

 昨今の作品でも、『ONE PIECE』(1999年〜)などでは、麦わらの一味のメンバーの声優が他のキャラを演じる際、「粗忽屋○○」といった別名義を使っています。また、長い期間放送されている作品なので、ひとりの声優が全く別のキャラを演じる例もあります。

『宇宙戦艦ヤマト2199』(2013年)ではアナライザー、薮助治、ゲルフ・ガンツの3役をチョーさんが演じています。これは原典の『宇宙戦艦ヤマト』(1974年)で、この3役を緒方賢一さんが演じていたから、そのリスペクトではないか? と考察する人もいました。

 もちろん、『ドラゴンボールZ』(1989〜1996年)以降のシリーズで、孫悟空をはじめとして孫一家を演じているレジェンド声優の野沢雅子さんの存在は皆さんもご存じのことでしょう。

 このように昨今のアニメでも複数の役を演じる声優は少なくないのですが、昔と比べて「端役にレギュラー声優がかけ持ちで演じることが減った」のです。1970年代くらいのアニメ作品では、味方側と敵側にそれぞれに持ち役のある声優が多くいました。特にロボットものでは多かった印象があります。

 分かりやすい例を挙げると、『機動戦士ガンダム』(1979年)。よく言われるのが、永井一郎さんのかけ持ちです。ナレーションをはじめとして、ドレンやデギン・ソド・ザビなど、名前のあるキャラだけでも20を超えていました。さらに名前のないひと言だけのキャラも入れると、その数は倍以上にはなるでしょう。

 しかし、『ガンダム』のスゴいところは、かけ持ちをしている声優は永井さんだけでないところです。レギュラー陣の声優は主役のアムロ・レイを演じた古谷徹さん以外、全員が何らかのキャラをかけ持ちしていました。シャア・アズナブル役の池田秀一さんもです。

 元々キャラの多い作品ですから、声優の人数が足りなかったことが大きな要因でしょう。この声優が少ないというのは予算面も大きいのですが、当時はまだ声優という言葉が定着し始めた頃で、その人数は現在の1割にも満たないと言われています。逆に今の声優は人数が多くて飽和状態とも言えるかもしれません。

 それゆえ昔のアニメ作品では一人ひとりの声優の見せ場が多く、かけ持ちによって別なパターンの演技を同じ作品内で楽しむことができました。TVのバラエティ番組でベテラン声優の方が、「若い声優より年寄りの方が端役でも何でもやりたがる」……そうコメントしていたことがあります。確かに、かけ持ちが当たり前の時代を過ごしてきた方は、何よりも演じることが楽しくて仕方ないのかもしれません。

 逆に最近は声優の人数が大きくなりすぎて端役までキッチリと担当声優が決まっているので、声優が何役もやりたくてもできないのは仕方ないことなのでしょう。

【画像】同じ声優が同時に演技!? 驚愕の作品(5枚)

画像ギャラリー

1 2