マグミクス | manga * anime * game

「ブラックガイン」登場から30年 「たった1話の登場」で、今も愛される大人気キャラに

番組終了後もゲームやオモチャで人気に

ブラックガインが登場した16話が収録されている「勇者特急マイトガイン DVD-BOX I」(ビクターエンタテインメント)
ブラックガインが登場した16話が収録されている「勇者特急マイトガイン DVD-BOX I」(ビクターエンタテインメント)

 ブラックガインは人気があるといっても、それはファンのなかでの話でした。放送当時、特に商品が出たというわけではありません。ファンの間では、通常のマイトガインのオモチャの色替えでいいから出せばよかったともいわれていました。

 しかし、近年は子供向けでなく、こういったファン層に向けてブラックマイトガインは商品化されています。しかも単なる色替えではなく、マイトガインと異なる頭部や胸の部分も細部まで再現された商品でした。30年前の作品ですから、当時の子供たちも今や立派な大人。購買層の面にも問題ないでしょう。

 また人気という面では、ゲームに登場したブラックガインにも注目のエピソードがいくつかあります。

 おそらく最初にブラックガインが登場したゲームは、1998年12月17日にタカラより発売されたプレイステーション用シミュレーションRPGゲーム『新世代ロボット戦記ブレイブサーガ』でしょう。このゲームは「勇者シリーズ」を中心に物語が進んでいきます。ゲームではTV版と違って仲間として一緒に戦える救済措置があり、いわゆる隠しキャラとなっていました。

 こういったTV版の悲劇回避で有名な「スーパーロボット大戦シリーズ」(スパロボ)でも、本作『マイトガイン』参戦時にはブラックガインも登場しています。

 最初の参戦となった『スーパーロボット大戦V』(2017年2月23日発売)では隠しキャラ扱いでしたが、次作『スーパーロボット大戦X』(2018年3月29日発売)では要素なしで仲間として登場しました。そして、本来なら加わったことのない勇者特急隊の合体技である「ジョイントドラゴンファイヤー」の最後尾となっています。

 スパロボオリジナル要素として必殺技「ブラック動輪剣・縦一文字斬り」を使う際、「チャージアップ!」というセリフが入りますが、これはブラックガインの声優が『太陽の勇者ファイバード』の主人公である火鳥勇太郎/ファイバードと同じ松本保典さんだからでしょう。

 今後も『マイトガイン』がゲーム化される際には、おそらくブラックガインも登場するはず……それほどブラックガインの人気と存在感はファンに知られていす。出生を考えれば黒いボディのライバルキャラという立ち位置でしょうが、作品内での活躍や悲劇性を見るとガインの兄弟というイメージが強く、本作『マイトガイン』を語る時には必ず思い出す名ゲストキャラクターでした。

(加々美利治)

【画像】やっぱり合体変形は良い! 2022年に製品化された「ブラックマイトガイン」(7枚)

画像ギャラリー

1 2