マグミクス | manga * anime * game

『名探偵コナン』のヒロイン・毛利蘭の最強エピソード。蘭姉ちゃん強すぎ…?

人気マンガ『名探偵コナン』に登場する毛利蘭は、華奢なルックスとは裏腹に想像を絶する身体能力を持ちあわせています。“主人公がヒロインを守る”のではなく、コナンが蘭に助けられる場面も少なくありません。そこで今回は、毛利蘭の驚くべき“最強エピソード”を紹介します。

至近距離の銃弾を回避!?

モデルパーティー毒殺事件解決編が収録されている、『名探偵コナン』99巻(小学館)
モデルパーティー毒殺事件解決編が収録されている、『名探偵コナン』99巻(小学館)

 ネット上では、『名探偵コナン』に登場するキャラクター・毛利蘭が度々話題に。見た目は華奢な高校2年生ですが、実は空手部の女主将で都大会でもナンバーワンの実力を誇る“武闘派”でもあります。そんな彼女は作中でさまざまな伝説を残しています。今回は“蘭の最強エピソード”を紹介します。

 蘭の恐るべきパワーは、第1話の初登場シーンから垣間見ることができます。主人公の工藤新一(コナン)が蘭の父親・毛利小五郎のことを少し悪く言った際、蘭は近くにあった電柱にパンチ。すると「ドコッ」という音とともに電柱には穴が空き、新一も「さ、さすが空手部女主将……」と、驚きを隠せない様子でした。

 またコナンが少女誘拐犯と対峙した際にも、蘭のパワーが炸裂。バットを持った犯人に殴打されて危機的状況に陥ったコナンでしたが、窮地に立たされた時に蘭が登場します。犯人が振りかぶったバットを素手で受け止めると、ハイキックとパンチのラッシュで猛攻撃。最後は“飛び回し蹴り”で犯人の歯を数本へし折り、事態を収拾していました。

 蘭の恐ろしさは“パワー”だけではありません。2009年4月に公開された映画『名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー)』では、至近距離で放たれた“銃弾”を避けるという神業も披露。また映画『名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)』でも、成人男性の頭上を優に超える“ジャンプ力”を見せつけています。

 驚異の身体能力を持つ蘭に対して、ファンからは「他のマンガやアニメでも強いキャラはたくさんいるけど、生身の女性の中だったら一番強いんじゃない?」「もはや蘭姉ちゃん1人で組織を潰せる気がする(笑)」「蘭の格闘シーンは毎回見どころ満載だし、女性で最強キャラは本当にかっこいい!」などの声が続出。これからも増えるであろう“蘭の最強エピソード”は、『名探偵コナン』のストーリーをますます盛り上げていきそうです。

(マグミクス編集部)

【画像】『名探偵コナン』毛利蘭の衝撃的な活躍が読める書籍

画像ギャラリー