マグミクス | manga * anime * game

2周年『DQウォーク』のストーリーを振り返る 最初は有無を言わさず放り出され…

1000万ダウンロードを早々に達成した位置情報RPG『ドラゴンクエストウォーク』。豪華コラボや過去作イベントなど往年のドラクエファンを歩かせ続けた本作がついにリリース2周年。これを機にスキップしがちな「ストーリー」を振り返っておきましょう。

「スキップ」機能で飛ばしている? 1章から10章まで一気におさらい!

『ドラクエウォーク』スタート画面
『ドラクエウォーク』スタート画面

 2021年9月12日にリリース2周年を迎えたスマホ用位置情報RPG『ドラゴンクエストウォーク』(以下、ドラクエウォーク)。2周年を記念し、色々なイベントが用意されています。この2年間、『ドラクエウォーク』では実にさまざまな催しが行われました。お正月、ハロウィンといった季節関連のイベントはもちろんのこと、プロ野球チームや大手コンビニチェーンとのコラボキャンペーン、またアニメ『ダイの大冒険』とのコラボでは劇中にしか登場しない呪文が使えるようになるなど、プレイヤーからすれば、その思い出ははちきれんばかりです。

 さて、突然ながら私たちプレイヤーは一体どうして冒険しているのでしょうか?

 大魔王を倒すため? 秘宝を探すため? 『ドラクエウォーク』はただ歩いてモンスターを倒すだけのゲームではありません。しっかり本筋となる「ストーリー」があり、現在では第10章までが公開されています。

 ところがこのストーリー、流れを「スキップ」できる仕様となっています。そのため「自分がなぜ歩いているのか」すらも分からないまま遊んでいるプレイヤーが多数存在していることは否定できないでしょう。そんなさまよえるドラクエウォーク民の道しるべとなるべく本稿ではこれまでスキップされてきたであろうストーリーを総ざらい。「そういやあの意味深なバニーガールってどうなったんだっけ?」なんて疑問もこれを機に解消してしまいましょう。

●そもそもなんで冒険に出たのかというと…

『ドラクエウォーク』の物語は唐突に始まります。「ドラクエ」ではおなじみの「どこからともなく不思議な声」が聞こえてきたかと思えば、世界が「悪」にむしばまれようとしているので案内役のスラミチと魔法のコンパスの力を借りて世界を救ってくれと頼まれます。そしてそのまま有無を言わさず「さあ、ゆくのです」と放り出され……そうです。『ドラクエウォーク』は最初から目的が判然としないのです。

●なんだか妖しいバニーガールが登場

 スラミチに案内されるがまま、村人を困らせる魔物を倒したり、仲間を増やしたりしていると、妙に訳知り顔なバニーガールが現れます。どうにもこれがキーパーソンであることは間違いなさそうのですが……イベントクエストが豊富なため存在を忘れがちの彼女。その後も折に触れて現れては、意味深なまま去っていきます。

●ずっと「花びら」を探す旅でしたが…知っていましたか?

 スキップしていた人はおぼろげにしか覚えていないかも知れませんが、章が進むごとに一枚ずつ光る「花びら」が手に入ります。これが物語の主軸となっていました。第`9章では全て集めると「女神の果実」になることが明かされます。ではその「女神の果実」がなんたるかまでは謎のままです。

●第10章でようやく明かされる「魔王」の存在

 物語を進めるうち黒い騎士ジャンピエというキャラクターが登場。彼によってバリゲーンという強大な魔物がかつて封印された魔王を復活させようとしていることを知らされます。イベントクエストで過去の魔王を相手にしてきただけに、おそらくオリジナルであろう魔王の登場には期待が高まります。そして何より、第10章にして、明確に私たちプレイヤーに魔王を倒すという使命が与えられたのです。この時の推奨レベルは75……非常に長い旅路でしたし、これからもまた長い旅路になりそうです。

 バニーガールのお姉さんは第10章にも登場します。黒い騎士ジャンピエいわく「魔物でも人間でもない」らしい彼女。結局、その正体は分からずじまいというのが現状です。(スキップしていたら彼女の存在すら分からないままだったかと存じます)。

 今、言えることは物語がまだまだ続くということ。魔王、四天王、バニーガール、そして「導きの英雄」……スキップするのもいいですがこの4点はしっかりおさえつつ、今日も元気に歩いて参りましょう。

(片野)

(C)2019-2021 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

【画像】「なかまモンスター」初登場、『DQV』コラボ…久しぶりにログインしたくなるイベントの数々

画像ギャラリー