マグミクス | manga * anime * game

『ワンピース』のイケメン3人 外見だけでなく心意気も!

夢いっぱいの大冒険と、登場人物たちの熱い信念が魅力のアニメ『ONE PIECE』。ひとりひとりが譲れない思いを見せる本作のキャラクターたちは、「海賊」というひと言ではくくれません。そしてそのなかには、内面はもちろん外面にも定評のあるキャラクターも。この記事では、『ONE PIECE』のイケメンキャラを3人ご紹介します。

顔は心の一番外側!? イケメンキャラは心も男前

 もはや国民的アニメと言えるほどの人気を誇る『ONE PIECE(ワンピース)』。その魅力のひとつは、魅力的な登場人物たちにあるといえるでしょう。それぞれの信念を持った海の男たちに、憧れを持った方もいるのではないでしょうか。その一方で、黙っていてもさまになるイケメンキャラが多いのも事実。この記事では、『ONE PIECE』のイケメンキャラを3人ご紹介します。SNSでも「何このイケメン」「イケメンすぎてしんどい」と評判です。

●サンジ(CV:平田広明)

『海の一流料理人 サンジの満腹ごはん』(集英社)
『海の一流料理人 サンジの満腹ごはん』(集英社)

 モンキー・D・ルフィ(CV:田中真弓)率いる「麦わらの一味」のメンバーとして、物語初期から仲間に加わったサンジ。もともとは海上レストラン「バラティエ」で副料理長を任されていたほど、腕のいい料理人です。ルフィたちと出会い、コックとして一味に加わってからは、その強じんな足技で一味の主力として活躍しています。

 そんなサンジは、いつも細身のスーツを着こなし、くわえタバコが似合う色男です。片目を隠す長い前髪やあごひげも、サンジのイケメン度を増しています。サンジには本作にしては珍しくモデルがおり、それも彼のかっこよさの理由のひとつ。そのモデルとは、映画『アルマゲドン』で女たらしの役を演じた俳優、スティーブ・ブシェミです。スーツを着たスティーブは「実写版サンジ」と言いたくなるほど似ています。

 サンジのイケメンさは、その内面の優しさにも裏打ちされています。女性への優しさは、「女のウソは許すのが男だ」「おれは女の涙を疑わねェっ!!!!」というセリフから十分伝わってきます。男性に対しても、空腹で死にかけていた海賊・ギン(CV:小野健一)にこっそりご飯を出すなど、特にお腹を空かせた人への優しさは人一倍です。また、仲間への思いも強く、ウソップ(CV:山口勝平)と激しく口論して言いすぎそうになったルフィを、「頭冷やせ!!」と蹴り飛ばすシーンも。女性さえ絡んでこなければ、一味のなかでも一番と言っていいほど、常識人で熱いイケメンです。

●トラファルガー・D・ワーテル・ロー(CV:神谷浩史)

著:尾田栄一郎『ONE PIECE』第76巻(集英社)
著:尾田栄一郎『ONE PIECE』第76巻(集英社)

 2億ベリーもの懸賞金をかけられ、「11人の超新星」のひとりに数えられたロー。ルフィたちとの出会いは、同時期に到着したシャボンディ諸島でした。ルフィたちが大暴れした人間オークションの会場で、駆け付けた海軍の包囲網を突破するため、一緒に交戦。その後、「パンクハザード編」では海賊同盟を結ぶなど、麦わらの一味と縁の深い海賊です。

 ローはファー状の帽子にジーンズ、ロングコートというしゃれた出で立ちで、両耳には2個ずつフープピアスを着けています。特徴的なのは、身長ほどの長さのある太刀「鬼哭(きこく)」。鬼哭はその大きさから腰に差せず、いつもローが担ぐようにして持っています。目のクマと体中に彫られたタトゥーが印象的で、その意味も気になるところです。

 191cmの長身とクールな雰囲気、おしゃれなファッションがかっこいいローは、その強さも魅力のひとつ。「オペオペの実」の能力で球状のサークルを作り出し、そのなかに存在するものに切断、移動などあらゆる行為を加えられる「改造自在人間」です。船医でもあり人望の厚いローは、ルフィからも「いい奴」と好かれています。たびたびルフィと共闘するローを見た視聴者からは、「次は麦わらの一味になるのでは?」といううわさも。今後の活躍にも期待の集まるイケメンです。

●ロロノア・ゾロ(CV:中井和哉)

著:尾田栄一郎『ONE PIECE』第3巻(集英社)
著:尾田栄一郎『ONE PIECE』第3巻(集英社)

 サンジ同様、「麦わらの一味」のメンバーとして、物語初期から仲間に加わっていたゾロ。ルフィにとって初めての仲間でもあります。賞金稼ぎとして名をはせ、「海賊狩りのゾロ」と呼ばれていた彼ですが、実は極度の方向音痴。たどり着いた町・シェルズタウンでルフィの仲間になり、その「三刀流」で、麦わらの一味の主力として活躍しています。

 ゾロの基本スタイルは、白いシャツに黒いズボンとブーツで、緑色の腹巻をしているのが特徴的です。男らしく刈り上げた髪とは裏腹に、左耳にはいつも同じ3連ピアスをつけており、何か意味があるのかも気になるところです。鍛え上げられた体は筋肉隆々でたくましく、ワノ国編で見せた着物姿も、かなり似合っています。時に子どもを泣かせてしまうほどの鋭い眼光も、ゾロがかっこいい理由のひとつです。

 ゾロの魅力は、タフでストイックな性格にもあります。鍛え抜かれた体がとても頑丈なのはもちろん、致命傷と思われるような傷を受けても、その強い精神力で耐え抜きます。ゾロの心の強さは、世界最強の剣士と呼ばれるジュラキュール・ミホーク(通称:鷹の目のミホーク/CV:青野武)にも「見事」と一目置かれるほど。亡き幼なじみ・くいな(CV:豊嶋真千子)との約束を守るため、世界最強の剣豪になろうとひたすらに努力するゾロは、男も惚れるイケメンと言えるでしょう。

* * *

 あなたの思う「イケメンキャラ」は挙げられていましたか? 上記の3人以外にも、数々のイケメンが出てくる『ONE PIECE』。11月の1000話放送に向けて、今一度名シーンを見直しておくのもおすすめです。

(新美友那)

【画像】表紙を飾った『ワンピース』のイケメンたち(5枚)

画像ギャラリー