マグミクス | manga * anime * game

初見の衝撃がすごすぎた作品3選 記憶を消して、もう一度読みたいマンガは?

初めて読んで衝撃を受けたマンガは、どのくらいありますか? 伏線回収や、大どんでん返しなど初見でしか味わえない興奮がありました。この記事では、記憶喪失したら絶対に読み返したい、名作たちをご紹介します。

立場が逆転する瞬間に「ゾクッ!」

著:『DEATH NOTE』第7巻(集英社)
著:『DEATH NOTE』第7巻(集英社)

 初めて読んだときの感動をもう一度味わいたい、と感じるマンガはありませんか? もちろん、何度も読み返して味が出る作品も多いです。しかし、初めて読んだときの興奮は何物にも勝ります。記憶を消してもう一度読みたい、と感じる名作マンガを4作品ご紹介します。

●『進撃の巨人』

 2021年に完結を果たし、話題になりました。完結を見届けた多くの読者が強い衝撃を受けました。多くの伏線が張られていた『進撃の巨人』は、その伏線がどのように回収されるのか、ドキドキしながらページをめくることが魅力のひとつでした。特に、エレンのお母さんを食べた巨人の正体が明らかになるシーンや、壁の中に巨人がいたことを知るシーンは衝撃的でした。

●『DEATH NOTE』

 デスノートを操る天才・キラこと夜神月と、もうひとりの天才・Lによるめまぐるしい頭脳戦が面白い『DEATH NOTE』の立場がひっくり返る瞬間にゾクゾクさせられます。絶体絶命かと思われたそのときの夜神月の「計画通り!」という1コマはかなり有名ですが、初めて読んだときは、ここまでを計算していたのか、と鳥肌が立つほどです。残念ながら一度読んでしまうと、初見のときほど衝撃を受けることはありません。だからこそ、記憶を消して読み返したい作品です。

●『暗殺教室』

 問題を解決するためにE組の生徒たちが行った想像以上の作戦が秀逸で、中学生の発想の柔軟さとそれを実現してしまう実力に衝撃を受けます。特に渚くんの戦闘シーンは度肝を抜かれることが多く、記憶をまっさらにしてもう一度あの返し方を読みたいと思わされます。

『ONE PIECE』や『NARUTO』などの名作も記憶を消して、じっくりと読み返してみたい作品です。もちろん、何度読み返しても面白いですが、やはり初めて読んだときの感動や衝撃は忘れられません。ほかにも『銀魂』の竜宮篇を初めて見たときの感覚で笑いたいという意見や、『鬼滅の刃』を周りの評価に惑わされず、自分自身の本当の評価を確かめたいという人もいるようです。

(マグミクス編集部)

【画像】「少年マンガ」の初見の衝撃がすごすぎた作品を見る(7枚)

画像ギャラリー