マグミクス | manga * anime * game

ドラクエおじさんが、戦闘中お世話になった「記憶に残るアイテム」3選

『ドラクエ』シリーズと言えば個性あふれる装備品も魅力のひとつ。そこで今回は、戦闘中に道具としても使用できた、便利な装備品やアイテムをご紹介します。ドラクエ大好きおじさんの心に残る、思い出深いアイテムとは?

戦闘中に道具としても使えた便利な逸品!

初代『ドラクエ』の発売日である5月27日は「ドラクエの日」ファミコン版『ドラゴンクエスト』(エニックス)
初代『ドラクエ』の発売日である5月27日は「ドラクエの日」ファミコン版『ドラゴンクエスト』(エニックス)

 日本のゲーム史に残る伝説のファミコンソフト『ドラゴンクエスト』(エニックス)は、1986年5月27日に発売。今年の同日で、発売から37年を迎えます。

 それを記念して5月27日は「ドラクエの日」と呼ばれ、毎年関連するゲーム内ではさまざまなイベントが開催されています。

『ドラクエ』シリーズと言えば、ロトの剣を筆頭に個性的な武器や防具の印象がありますが、なかでもゲーム攻略時に重宝したのが、戦闘中に道具としても使用できる便利なアイテムの存在です。

 そこで今回は「ドラクエの日」を祝して個人的に思い出深い、道具として使用できる『ドラクエ』シリーズのアイテムを振り返ります。

●高難度ダンジョン攻略時の相棒

 戦闘中に道具としても使用できた最初の防具が『ドラゴンクエストII』に登場した「ちからのたて」です。それ以降、いろんなシリーズに実装されているので、馴染み深い人は多いのではないでしょうか。

 この「ちからのたて」は、戦闘中に道具として使用するとベホイミと同等の回復効果が得られます。しかも、『ドラクエII』の場合、盾を装備できないムーンブルクの王女でも、所持していると道具として使用できるため、MPを消費しない回復手段として絶大の威力を発揮しました。

 しかも『ドラクエII』の「ちからのたて」は21500ゴールドと高額だったものの、お金さえ貯めればいくつでも購入できたのも良いところ。とくに難易度の高いファミコン版『ドラクエII』における、MPを使わない貴重な回復手段として、何度もお世話になった思い出深いアイテムです。

「ちからのたて」の登場以降、さまざまな回復できる道具が追加されて、次第に影が薄くなっていきましたが、激ムズのファミコン版『ドラクエII』の苦難を共に乗り越えた相棒として忘れられない存在です。

【画像】「いくつ覚えてる?」戦闘中に特別な効果を発揮する装備品(5枚)

画像ギャラリー

1 2